[DUNLOP]MotoGP Moto2 Rd.2 ザルコ選手が、王者の強さを見せて今季初優勝

160411_118

第2戦は、南米アルゼンチンの北部にあるアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドが舞台となる。 コース・レイアウトは、約1キロのストレートを持つ、5キロ弱の高速コースだ。ダンロップは、フロントにソフト1、ミディアム2、リアにハード4、ハード5のタイヤを用意した。

予選は、気温30度の中、ドライ・コンディションで行われた。ポール・ポジションを獲得したのは、S・ロウズ選手(KALEX)。

「カタールではジャンプ・スタートのミスがあったから、ここでポール・ポジションを取れてうれしいよ。今回はユーズド・タイヤでもいいペースで走れている。ザルコ選手も速そうだから、いいバトルができると思う」とロウズ選手。続いて、ディフェンディング・チャンピオンのJ・ザルコ選手(KALEX)が2番手、J・フォルガー選手(KALEX)が3番手と続く。中上貴晶選手(KALEX)は、4位2列目につける。

「フロント・ローは逃したが、初日から高いアベレージで走れているし、路面温度が変化しても安定した速いラップ・タイムを刻めている。明日は序盤からトップ・グループで争いたい。カタールの悔しさを晴らすためにも、最低でも表彰台を狙うつもりだ」と中上選手は語った。

160411_119

決勝レース当日、朝から雨模様。朝のフリー走行はウェット・コンディションで行われた。その後雨は止み、Moto2の決勝レースが行われるころには、ほぼドライ・コンディションとなっていた。

スタートが切られると、フォルガー選手がホール・ショット。そのままレースをリードしていき、後ろからロウズ選手、ザルコ選手、F・モルビデッリ選手(KALEX)が続き、この4台がトップ・グループを形成する。ところどころ路面が濡れている難しい状況の中、4台は接近戦を展開。4周目からロウズ選手がトップに立ち、フォルガー選手、ザルコ選手、モルビデッリ選手というオーダーでレースは進んでいく。

中盤8周目に入ると、ザルコ選手がフォルガー選手を抜いて2位に浮上。さらに、13周目に入ると、ザルコ選手はメイン・ストレートでスリップ・ストリームを使ってロウズ選手をパス、トップに立つ。その後、ザルコ選手は安定した速さで後続を抑えていくと、そのままチェッカー。王者の強さを見せて、今季初優勝を果たした。

また、2位争いはロウズ選手とモルビデッリ選手が競り合っていたが、ラスト・ラップでモルビデッリ選手がクラッシュ。ロウス選手が2位。続いてフォルガー選手が3位表彰台をつかんだ。

また、中上選手は序盤出遅れてしまい、その後追い上げたが9位でゴールしている。

160411_120

→全文を読む

情報提供元 [ DUNLOP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
  2. ※参考画像 ■改善対策届出日 平成30年1月16日 ■改善対策届出番号 53…
  3. デイトナは、期間中にデイトナ商品を5,000円以上購入し応募すると、抽選でデイトナ商品をプレ…
  4. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
ページ上部へ戻る