[YAMAHA]MXGP Rd.4 フェーブルが総合4位、ファン・フォルベークは総合5位

160411_111

■大会名称:2016年第4戦アルゼンチンGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2016年4月10日
■開催地:パタゴニア(コース長:1,550m)
■天候:晴れ/曇り、気温16℃

Monster Energy Yamaha Factoryのライダー、ロマン・フェーブルが、ヴィラ・ラ・アンゴストゥーラで開催されたアルゼンチンGPで、スタートの出遅れと序盤のクラッシュから追い上げ、レッドプレートを守った。チームメイトのジェレミー・ファン・フォルベークは、ハードだが滑りやすい路面で素晴らしいライディングを見せた。

Kemea Yamaha Official MXのライダー、バレンティン・ギヨーは第1ヒートのスタートで出遅れたものの、その後速さを見せて第2ヒートでのヤマハ・ワークスライダー3選手全員のトップ10圏内でのフィニッシュに寄与した。ギヨーは予選レースのスタート時に転倒を喫して苦戦したものの、大会を通して良い流れをつかみ、滑りやすい高速コースを克服。アルゼンチン・グランプリを総合成績11位で終えた。

ファン・フォルベークは第1ヒート、手堅くスタートを決めると、山林地帯にあるこのコースで、順調に順位を上げて行くが、周回毎に木の根がむき出しになり、コースを予見するのに苦戦。第1ヒートを5位でフィニッシュした。第2ヒートで、ファン・フォルベークは、前ヒートよりわずかに速いスタートを見せるとラップごとに順位を上げ、第1ヒートの優勝者、M・ナグル(ハスクバーナ)に追いつき、バトルを展開してこれをかわして4位でフィニッシュした。アルゼンチンでの総合成績は5位、世界選手権ランキングでは4位を維持している。

フェーブルは予選レースで劇的な追い上げを見せ、2015年世界チャンピオンのレッドプレート死守をアピールした。第1ヒートのスタート時にゲートをジャンプして出遅れ、さらに序盤にクラッシュしてしまう。それでもライダーがタイトにひしめく集団の中を突き進み、フェーブルはG・コルデンホフ(KTM)、そしてC・ドゥサル(カワサキ)にプレッシャーをかけてパスし、6位でフィニッシュ。それでも不満が残った。

第2ヒート、フェーブルはS・シンプソン(KTM)のリアホイールに接触して再び転倒を喫し、順位を落としてしまう。それでも加速してふたつの集団をパスし、さらに残り3周となったところでナグルを抜いて3位でフィニッシュ。3ポイント差でレッドプレートを守った。

160411_112

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  2. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  3. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
  4. ■大会名:2018年全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 ■開催日:2018年6月16…
ページ上部へ戻る