[HONDA]AMA Rd.13 カナードが表彰台にあと一歩と迫る4位入賞、ランキング9位をキープ

160411_109

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSの第13戦は、4月9日(土)にインディアナ州マリオン郡の屋内競技施設ルーカス・オイル・スタジアムで開催されました。

Team Honda HRCのトレイ・カナードは、3組に分かれて行われたタイムアタック予選の2度目のセッションで、全体5番手となる46秒488のタイムをマークしました。

予選ヒートレース。2組目に出走したカナードは、オープニングラップを3番手でクリアすると、5周目には、先行するGEICO Hondaのジャスティン・ボーグルをパスして2番手でフィニッシュ。ボーグルは3番手でチェッカーを受けました。

ファイナル決勝レース。まずまずのスタートを決め、5番手で1周目のコントロールラインを通過したカナードは、序盤このポジションをキープすると、7周目にクリストフ・プーセル(ハスクバーナ)をパスして4番手に浮上。終盤、後続から追い上げを受けたカナードですが、最後まで堅実な走りでこれを振りきり、今シーズン自己ベストとなる4位でチェッカーを受けました。

Honda勢ではSmartop MotoConcepts Racingのマイク・アレッシが10位。ボーグルは13位でフィニッシュました。なお、Team Honda HRCのコール・シーリーは、第11~12戦のインターバルで負ったケガのため、今大会も欠場となりました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る