[HONDA]JRR J-GP2 Rd.1 開幕戦の第1レースで三原壮紫が2位、國峰啄磨が3位

160411_106

全日本ロードレース選手権の開幕戦が、茨城県にある筑波サーキットで開催されました。同大会が筑波サーキットで開催されるのは、3年ぶりとなります。開幕戦では、J-GP2、J-GP3、ST600といった、3クラスのレースが実施されました。

J-GP2の決勝は、土曜日に第1レース、日曜日に第2レースという日程で、2日に渡り開催。J-GP2では、2014年と2015年にチャンピオンに輝いた高橋裕紀(MORIWAKI RACING)が、参戦するクラスをJSB1000に変更しました。また、2015年にJ-GP3のチャンピオンとなった水野涼(MuSASHiRTハルクプロ)は今年、J-GP2に戦いの場を移します。

同じく2015年にST600のチャンピオンとなったヤマハのライダーは、レース活動を休止するため、3クラス揃って昨年度のチャンピオンが不在の状態での戦いとなります。

J-GP2の開幕戦では、通常行われる40分の掲示予選に加えて、J-GP2では初の試みとなるスーパーポール(SP)が実施されました。SPは、各ライダーが同時に走行するのではなく、順番に単独走行を行ってタイムを計る予選方式です。

160411_107

掲示予選の順位で第1レースの11番手以降のグリッドと、第2レースの全グリッドを決め、さらに掲示予選で上位10番手に入ったライダーが、SPに進出します。SPのタイムをもとに、第1レースの上位10番手までのグリッドが決まります。掲示予選でのHonda勢のトップは、2番手の國峰啄磨(H43 Team-NOBBY)。SPでのHonda勢のトップは、3番手の渥美心(au&テルル・Kohara RT)となりました。

9日のSP後に行われた決勝第1レースは、渥美がスタートダッシュを決め、1コーナーで2番手に浮上。すぐに首位を奪い、オープニングラップを制してレースをリードしましたが、18周目の1コーナーでトラブルに見舞われ、リタイアしてしまいます。これにより、トップはスズキのライダーとなりました。2位争いは5台で行われ、三原壮紫(H43 Team-NOBBY)が19ラップ目に2番手に、國峰啄磨(H43 Team-NOBBY)が3番手に浮上し、順位をキープしてチェッカーを受けました。関口太郎(MISTRESA with HARC-PRO.)は、5位でレースを終えました。

160411_108

10日に行われた第2レースでは、水野涼(MuSASHiRTハルク・プロ)が4番手、國峰が5番手、関口が7番手、三原が8番手、渥美9番手でオープニングラップをクリアしました。國峰はタイムを上げながら、順位を上げていき、5ラップ目にはレコードタイムとなる57秒088を記録。一気に2番手に浮上して、首位の背後に迫ると、仕掛けるタイミングを計りながら周回を重ね、18ラップ目の1コーナーで一騎打ちに持ち込みました。

しかし結果は、國峰のオーバーラン。なんとかコースに復帰しますが、4番手へとポジションダウンとなります。そこから追い上げて1台を抜き、3位でチェッカーを受けました。4位が水野、7位が関口、8位が三原、9位が渥美という順位になりました。大木崇行(MOTO BUM+虎の穴)は10位でレースを終えました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  2. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
  3. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  4. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
ページ上部へ戻る