[YAMAHA]MotoGP Rd.3 フリー走行 Movistar Yamaha MotoGPの両ライダー、アメリカズGP初日を好走!

160411_04

■大会名称:MotoGP第3戦アメリカズGP
■開催日:2016年4月8日(金)フリー走行総合結果
■開催地:テキサス州オースティン/サーキット・オブ・ジ・アメリカ(5.513km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度
■路面温度:38度

Movistar Yamaha MotoGPの両ライダー、アメリカズGP初日を好走!
Monster Yamaha Tech 3のエスパルガロとスミスは13・19位

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、COTA(Circuit Of The America)の初日・フリープラクティスを順調にスタート。ロレンソは第1セッションからハイペースを披露。しかし第2セッションではメインのマシンに不具合があり、初日を総合5番手で終えた。一方、チームメイトのV・ロッシは、午前中からマシンのフィーリング向上に取り組み、午後の第2セッションもそのまま作業を続けて総合6番手となった。

第1セッション、ロレンソは序盤からハードな加速が求められるCOTAのサーキットにわずかなセッティング調整で臨み、順調にスタート。午前中のセッションで2分05秒208のベストタイムを記録し、トップに0.255秒差の2番手とした。午後からの第2セッションも引き続き好調な走りを継続。2分05秒台の壁を破り、順位も上げていった。しかしその後、マシンに不具合が発生しタイム更新はならず。2分04秒901で初日を終えた。

ロッシは第1セッション序盤で3番手に浮上。その後は、おもにリアタイヤのパフォーマンス向上を目標としてセッティング作業に取り組み、2分06秒252のベストタイムで7番手となった。続く第2セッションもセッティングの向上に集中。その成果はタイムにも表れ、スタートから10分弱で暫定トップに浮上した。残りの35分間も順調にハイペースをキープし何度もタイムを更新したが、セッション終盤で6番手に後退。この日の総合順位は、トップから0.9秒差の総合6番手となった。

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロは、フリープラクティス初日を13番手で終了。午前中に行われた第1セッションでは、主にセッティングに取り組みながら12番手。第2セッションも引き続き作業を行い、最終ラップで自己ベストを記録した。このタイムはヤマハ・ファクトリーの両ライダーにコンマ6秒差まで迫るもので、明日の予選に向け期待が高まる。

チームメイトのB・スミスは、サーキットに合わせセッティングを改良しながら徐々にペースアップ。第2セッションでは第1セッションの自らのタイムを1.019秒短縮し、初日の総合成績では19番手となった。明日の予選では、それぞれ好位置の獲得を目指す。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 20170227_pol25
    オフロードバイクメーカーの外装生産も引き受けるポルトガルの企業 ポリスポーツ(Polispor…
  2. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  3. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  4. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
ページ上部へ戻る