[YAMAHA]MotoGP Rd.3 予選 Movistar Yamaha MotoGPの両ライダーがフロントロー獲得!

160411_03

■大会名称:MotoGP第3戦アメリカズGP
■開催日:2016年4月9日(土)予選結果
■開催地:テキサス州オースティン/サーキット・オブ・ジ・アメリカ(5.513km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:22度
■路面温度:26度
■PP:M・マルケス(2分03秒188/ホンダ)

Movistar Yamaha MotoGPの両ライダーがフロントロー獲得!
Tech 3のスミス、エスパルガロも決勝に向け準備万端

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、今日の午後行われた予選で、それぞれ2・3番手とし、そろってアメリカズGP決勝のフロントローを獲得した。

前日のフリープラクティスから順調にペースを上げてきたロレンソ。予選では、真っ先にコースに飛び出し、最初のアタックでいきなり4秒台の壁を破る2分03秒613をマークしてトップに浮上。その後ピットに戻ると、ペースを上げてきたM・マルケス(ホンダ)がトップを狙おうというところで、ロレンソもピットアウト。すぐさまアタックを開始して2分03秒257へと更新した。トップのマルケスとの差はわずか0.069秒で2番手となった。明日の決勝はフロントローから、ライバルとの戦いに臨む。

チームメイトのロッシは、ライバルたちが次々ピットアウトするなか、十分なクリアラップが確保された状態でコースイン。予選用タイヤを装着して挑んだ最初のラップで2分05秒780を記録。さらにロッシはペースを上げ、次のアタックでは2分04秒355までタイムを縮め、3番手へ浮上した。残り6分になってピットに戻り、タイヤを交換。この間、A・イアンノーネ(ドゥカティ)にかわされ4番手に後退したが、4秒台の壁をクリアする2分03秒664でフロントローを獲得した。明日の決勝は、アルゼンチンGPに続き、2戦連続での表彰台獲得に臨む。

Monster Yamaha Tech 3のB・スミスが予選で好走。チームとともにねばり強く作業を続け、昨日までの流れを変えた。午前中のフリープラクティスでも、体力的に厳しくテクニカルなこのサーキットを懸命に攻略。その後Q1に出場するとすぐさまペースを上げ、自己ベストを1秒以上短縮することに成功してQ2へ。そのQ2では、思うようにタイムは伸ばせなかったものの、2分04秒988で11番手。明日の決勝はグリッド4列目からスタートし、サテライト勢トップを目指す。

チームメイトのP・エスパルガロは、QP2進出にあとわずかと迫ったが、僅差で届かず13番手で予選を終えた。フリープラクティス第3セッションではマシンのさらなるセッティングに力を注ぎ、ラップタイムでは0.014秒差でQ2進出を逃すこととなった。QP1ではスタートとともに飛び出して素早くペースアップ。ノンストップでプッシュし続けたが、Q2進出はかなわなかった。明日の決勝は5列目からのスタート。スミスとともにサテライト勢トップを目指して戦う。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今年の819(バイク)の日は土曜日!【8月19日】に「WebikeCAFE Meeting」…
  2. アライは、高品質を追求したスタイリッシュでモダンクラッシックなオープンフェイスヘルメット、C…
  3. アメリカンなバイカーアパレルを扱うモトブルーズは、「US Route66 アンティーク エン…
  4. バイク用品店Webikeで、フルパワー化 、スピードリミッター(180km/hリミッター)を…
ページ上部へ戻る