[YAMAHA]MotoGP Rd.3 決勝 ロレンソが2位獲得でランキング2位に浮上!

160411_08

■大会名称:MotoGP第3戦アメリカズGP
■開催日:2016年4月10日(日)決勝結果
■開催地:テキサス州オースティン/サーキット・オブ・ジ・アメリカ(5.513km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度
■路面温度:34度
■周回数:21周(115.773 km)
■PP:M・マルケス(2分03秒188/ホンダ)
■FL: M・マルケス(2分04秒682/ホンダ)

ロレンソが2位獲得でランキング2位に浮上!

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが、テキサス州にあるCOTA(Circuit Of The Americas)で行われたアメリカズGPで2位を獲得し、ランキングも2位へ浮上した。V・ロッシは、3周目走行中に転倒を喫しリタイアとなった。

2番グリッドからいつものように好スタートを切ったロレンソは、ホールショットを奪って真っ先に第1コーナーへ進入した。その序盤は、ハイペースのなかで行われた上位陣とバトルで何度かコーナーではらんでしまい、一時は4番手まで後退。しかし、すぐに挽回して3番手、さらに2番手のA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)を追った。

その後、第2コーナー進入でドビツィオーゾをとらえて2番手に上がったものの、トップのM・マルケス(ホンダ)のペースをみて作戦を変更。慎重な走りに切り替えて後続を徐々に引き離し、最終的には3位に10秒のアドバンテージを築いてチェッカー。貴重な20ポイントを獲得した。

チームメイトのV・ロッシは、スタートの出遅れにより厳しい展開。それでも懸命に追い上げて少しずつ遅れを取り戻し、上位グループとの差を縮めていった。ところが3ラップ目に第2コーナーで転倒。19ラップを残し、戦列を離れることとなった。

この結果、ロレンソはシリーズポイントを合計45まで伸ばし、ランキング4位から2位へと浮上。ロッシはランキング3位となった。

コメント

Movistar Yamaha MotoGP

■ホルヘ・ロレンソ選手談(2位)
「午前中のセッションではハイスピードから転倒してしまった。その後だっただけに集中することが難しかった。決勝前の数時間で、集中力を高めていって自分自身の気持ちをレースに向かわせた。そして最後まで走り切り、20ポイントを獲得できて本当にうれしいよ。

しかし序盤はやはり厳しい状況。滑りやすい路面にリアのハードコンパウンド・タイヤ、しかもフルタンクなわけだから、とくにブレーキングが難しく苦労した。そしていつもはほとんどミスをしない1周目で何度もミスしてしまったんだ。

トップを走っていたマルク(マルケス)は今回、プラクティスから決勝までまるで別次元にいて、2位に上がったあとも彼のペースにはついて行くことはできなかった。それでも2位をキープしてチェッカーを受けるには十分な速さがあったからよかった。

今日は大勢が転倒しており、完走がいかに難しかったかがわかるだろう。今日はチェッカーを受けることがとても重要だったので満足しているよ」

V・ロッシ選手談(DNF)
■「非常に残念。グリッド3位からのスタートだったが、クラッチが滑るので、一旦、気持ちを落ち着かせていたら、その間にポジションを下げてしまった。それでもマシンのフィーリングはとても良かったし、ペースも決して劣ってはいなかった。ウイーク中ずっと充実しており、速さも十分にあったんだ。

クラッチのフィーリングも戻ったところだったが、第2コーナー進入で転倒してしまった。自分ではそんな感覚はなかったし、マシンからもそのようなサインは感じられなかったのにペースが速すぎたようだ。

チャンピオンシップのポイントを失ってしまったことはもちろん、本当ならとてもいいレースができていたはずだったので、悔しい気持ちでいっぱい。そのなかでも収穫あったとすれば、僕らは依然として力強く非常に速かったこと。次のヘレスに向けてがんばるよ」

■M・メレガリ、チーム・ディレクター談
「ホルヘの2位獲得は見事な結果。彼は冷静にレースに挑みベストを尽くしてチャンピオンシップポイント(20ポイント)をつかみとった。次戦のヘレスからは多くの好成績を残し、知り尽くしたヨーロッパのサーキットへ移る。その前に今回納得のレースができたことはとても重要だった。

バレンティーノのほうは残念な結果になってしまった。クラッチに問題が出て、それが回復し始めると、前との差を縮めるべくペースを上げていったが、途中で転倒を喫してしまった。マシン自体のフィーリングはとても良かった。COTAでの自己ベスト更新の可能性が十分にあっただけに非常に残念だ。

これを除けば、初めは少し心配もあったこのサーキットで、セッションのたびに着実に前へ進むことができた。貴重な経験になったので、これを次回に役立てていきたい。次はようやく、今季初めてのヨーロッパ・ラウンド。マシンも戦闘力があり、ホルヘとバレンティーノはともに優勝候補になることは間違いない」

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

【関連フォトギャラリー】
【YAMAHA】MotoGP Rd.3 ロレンソが2位獲得でランキング2位に浮上

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る