[HONDA]MotoGP Rd.3 フリー走行 マルケスが初日トップタイムを記録し、大会4連覇に向け好発進。ペドロサは8番手

160411_02

■2016年4月8日(金)・フリー走行
■会場:サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
■天候:晴れ
■気温:28℃
■コースコンディション:ドライ

アルゼンチンGPからの2連戦となった第3戦アメリカズGPは、8日にフリー走行を行い、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が1回目、2回目のフリー走行ともにトップタイムをマーク。4年連続ポールポジション(PP)と大会4連覇に向けて好調なスタートを切りました。当日は、青空が広がる絶好のコンディション。1回目のフリー走行で2分04秒953とただ一人、2分4秒台に入れたマルケスは、午後の走行では2分04秒034までタイムを更新。2番手のアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)に0.706秒の大差をつけました。

午後のセッションでマルケスは、最終コーナーにてフロントのグリップを失って転倒しましたが、ピットに戻って2号車でコースイン。転倒の影響を感じさせない走りでタイムを更新し、ライバルを圧倒しました。

チームメートのダニ・ペドロサは、1回目の走行で2分06秒台で10番手、2回目は2分05秒台で8番手でした。この日は、さまざまなセッティングにトライするという、ペドロサにとっては試行錯誤の一日となりましたが、初日のデータを2日目のフリー走行と予選で生かす意気込みです。

カル・クラッチロー(LCR Honda)もさまざまなセッティングにトライしてデータ収集に努めました。クラッチローは開幕から2戦、リタイアに終わっています。その雪辱に闘志を燃やしているだけに、2日目のフリー走行と予選でのタイムの短縮とポジションアップに期待されます。

以下、午前中の走行で転倒を喫したジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は20番手、チームメートでルーキーのティト・ラバトは21番手でした。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る