[HONDA]MotoGP Rd.3 決勝 マルケスがアメリカズGP4連覇を達成

160411_34

■2016年4月10日(日)・決勝
■会場:サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
■天候:曇りときどき、晴れ
■気温:26℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:5万6528人(3日間:13万1881人)

MotoGP レポート

アメリカズGP決勝は、前戦アルゼンチンGPから2戦連続でポールポジション(PP)を獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、2戦連続でポール・トゥ・ウインを達成しました。好スタートからオープニングラップを制すると、快調にラップを刻んで後続を引き離しました。レース中盤は2番手を走るホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に約6秒の大量リードを築き、終盤にはその差を8秒まで広げる悠々の独走優勝でした。

これでマルケスは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)では、初開催の2013年から4年連続でポール・トゥ・ウインを達成。さらに過去に開催されていたラグナセカ、インディアナポリスを含み、米国大会で8連勝。Moto2時代を含めると、11年から10連勝という偉業を達成しました。

今大会は、フリー走行、予選と順調にセットアップを進めました。決勝では、オープニングラップに何度か首位を入れ替えますが、レース前半にただ一人2分04秒台の快足ラップを刻んで勝利を確実なものとしました。これでマルケスはMotoGPクラスで26勝目を挙げて歴代9位。通算では52勝とし、フィル・リードと並び歴代7位となりました。

3戦を終えて2勝と3位を1回で総合首位をキープ。今大会2位で総合でも2位につけるロレンソに、21点差をつけてヨーロッパラウンドへと舞台を移すことになりました。

予選20番手から決勝に挑んだMotoGPルーキーのティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、3戦連続でポイント獲得の13位でフィニッシュ。今大会はフリー走行、予選と苦戦しましたが、粘り強い走りをみせました。カル・クラッチロー(LCR Honda)は、5番グリッドから決勝に挑み、7番手を走行していた8周目の11コーナーで転倒、再スタートを切りますがポイント獲得は果たせませんでした。

予選8番手から決勝に挑んだダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、ロレンソ、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)と2番手争いのグループを形成しましたが、7周目の1コーナーでバランスを崩して転倒。マシンが前を走るドヴィツィオーゾのマシンに当たってしまい、ドヴィツィオーゾは転倒リタイアとなりました。ペドロサは再スタートを切りましたが、11周を終えた時点でピットに戻りリタイアしました。

ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、初日の転倒で体調が不十分のため欠場となりました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

【関連フォトギャラリー】
【HONDA】MotoGP Rd.3 マルケスがアメリカズGP4連覇を達成

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る