「2016年全日本スーパーモト選手権」が4/24から開幕

160408_151

舗装されたアスファルト部分と一部のジャンプなどがある未舗装のダートを入り混ぜたコースで行われるスピード競技「スーパーモト」。
その2016年度開催が、2016年4月24日(日)に美浜サーキット(愛知県)で行われる第1戦を皮切りに開幕する。

今年度は全国9会場で開催。

2016 全日本スーパーモト選手権

タイトなコーナーやダート面を、スライドやジャンプを駆使していかにして攻略していくか、ライダーのテクニックにも注目です!
スーパーモトとは、1970年代のアメリカで「ロードレーサーとモトクロスレーサーとダートトラックレーサーではどちらが速いのか?」といった議論が起こり、「誰がライダーとして一番速いのかを白黒付けよう!」という主旨から始まったレースで、当時はスーパーバイカーズという名前だったそうです。その後はヨーロッパにも伝達してスーパーモタードと呼ばれるようになりました。

日本では、2001年12月にオーバーオールというスーパーモトの定義に当てはまるレースが静岡県で最初に行なわれました。2003年4月に日本のスーパーモト選手権の名称「MOTO1」が始まり、各地でMOTO1が行なわれました。 2005年からMFJ公認レースとして全日本選手権である「MOTO1オールスターズ」が開催されました。2015年から開催名称が「スーパーモト」となり全日本選手権、各地方エリア選手権が開催されています。

また、舗装されたアスファルト部分と一部のジャンプなどがある未舗装のダートを入り混ぜたコースで行われるスピード競技のため、オンロードとオフロードの特徴を併せ持つ言わばバイクの異種格闘技戦的なレースでもあります。スーパーモト用レース車両は、オフロードバイクをベースとして、それに小径のホイール・オンロードタイヤを履かせた専用のマシンが使われます。ライダーの装備もモトクロス用ヘルメットにゴーグル、レーシングスーツ着用とこちらもオンロードとオフロードが入り混じった特徴ある装備を身にまとっています。

2016年全日本スーパーモト選手権日程

■2016年全日本スーパーモト選手権日程
第1戦  4月24日(日) 美浜サーキット(愛知県)
第2戦  5月22日(日) HSR九州(熊本県)
第3戦  6月19日(日) エビスサーキット(福島県)
第4戦  7月17日(日) 琵琶湖スポーツランド(滋賀県)
第5戦  8月 7日(日) TS タカタサーキット(広島県)
第6戦  8月28日(日) スポーツランドSUGO(宮城県)
第7戦  9月18日(日) 桶川スポーツランド(埼玉県)
第8戦 10月16日(日) 名阪スポーツランド(奈良県)
第9戦 11月13日(日)  茂原ツインサーキット(千葉県)

■2016MFJスーパーモトエリア選手権日程

東日本エリア
第1戦 5月15日(日) 桶川スポーツランド(埼玉県)
第2戦  6月19日(日) エビスサーキット(福島県)
第3戦  8月28日(日) スポーツランドSUGO(宮城県)
第4戦  9月18日(日) 桶川スポーツランド(埼玉県)
第5戦 11月13日(日) 茂原ツインサーキット(千葉県)

中日本エリア
第1戦  4月 3日(日) 美浜サーキット(愛知県)
第2戦  4月24日(日) 美浜サーキット(愛知県)
第3戦  7月17日(日) 琵琶湖スポーツランド(滋賀県)
第4戦 10月16日(日) 名阪スポーツランド(奈良県)

西日本エリア
第1戦  5月 8日(日) グリーンパーク弘楽園(広島県)
第2戦  5月22日(日) HSR九州(熊本県)
第3戦  8月 7日(日) TS タカタサーキット(広島県)
第4戦 10月30日(日) HSR九州(熊本県)

全日本スーパーモトや地方エリア選手権の関連情報
SUPERMOTO JAPAN:http://www.supermotojapan.com/

160408_136

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ Online Magazine ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る