[MFJ]JRR Rd1.生形秀之がレコード越えでトップタイム!

160408_123

好天に恵まれたフリー走行。その後観客にとってはこちらもお楽しみな数々のサポートレースが行なわれた。その最終盤くらいから空には黒い雲が。そして突如として降り出した雨は、瞬く間にコースをウェットに変えていった。

その中でまずは第一ライダーの一馬がコースイン、セッションは慎重な滑り出しとなった。20分間という短いセッションで結果が求められるル・マン24時間耐久の公式予選、セッション後半に向けてすこしずつ空に明るさが戻り、それにつれて一馬のタイムも削られていく。

残り5分くらいで1分57秒254というタイムで4番手へとポジションを上げた一馬は、時間を目一杯使ってアタックを試みるが、結局このタイムがベストタイムとなり、4番手で最初のセッションを終えた。

一馬はコースから戻ると、スタンバイするアランに向ってしきりにコースの状態をアドバイスする。朝のフリー走行で転倒し、充分に走れていないアランにとってこのアドバイスは効果的だったようで、まだまだ水しぶきの上がるウェットコンディションの中、周回毎にタイムを縮めていった。そしてチェッカー直前の周回で1分57秒383をマーク、一瞬6位を付けたものの、最終的には7位の結果を残した。

2016 SUPERBIKE : Tsukuba Test Day

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る