[TSR]ルマン24時間耐久レース・予選セッション前のフリー走行始まる!

160408_118

4月7日(木)早朝、ル・マン24時間耐久レースの舞台となるブガッティサーキットへ向う周辺道路には、すでに多くのキャンパーたちが列をなして入場を待っている。彼らはレース期間中サーキット内で思い思いに陣取り、キャンパーやテントでおそらく飲んだくれるのだろう。もちろんレースを楽しみながら。

朝のピットで表示される気温は5度、吐く息が白くなる分かれ目が5度くらいなので、当然白い息をしながらの会話となる。陽が昇れば気温も上がるだろうという予想もむなしく、7度。とにかく風が非常に冷たく、体感温度はさらに低い。その中で、高機能なアウトドアウエア「ピークパフォーマンス」は、今回のフィールドで絶大な効果を発揮してくれ、心強い味方となってくれている。偽らざる心象だ。

雲が点在するも天候は晴で、貴重なドライコンディションとなったフリー走行、ダミアンがマシンを乗り換えながら調整を進める。2時間のセッションの内、1時間少々をダミアンが担当し、1分40秒178のベストタイムをマークして黄色腕章のアランとスイッチした。しかし、アランはアウトラップで転倒してしまった。幸いにしてライダーは無事、マシンもほどなくして戻って来た。それと入れ替わるようなタイミングで、20分ほどを残して渡辺一馬がコースイン、次いでリザーブライダーのティゾンも最後の5分ほどでコースを数周し、午後からの予選に備えている。ダミアンのタイムは12番の結果であった。

160408_119

160408_120

→全文を読む

情報提供元 [ TSR ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る