[BRIDGESTONE]JMX Rd.1 IA2 大塚豪太が両ヒートとも12位

160408_116

■IA2 ヒート1
ホールショットを奪ったのは田中雅己(ホンダ-DL)。その後方で大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)は12番手・馬場亮太(ヤマハ-ブリヂストン)は13番手と混戦の中でレーススタート。オープニングラップに転倒した高輪喜樹太(ホンダ-ブリヂストン)は、最後尾からの追い上げを強いられてしまう。激しいバトルの中で馬場が順位を下げたのに対し、大塚は二つ順位を上げるが、その大塚も後半転倒で順位を落とし、オープニングラップと同じ12位でフィニッシュ。最後尾から追い上げた高輪は24位でチェッカーを受けた。

■IA2 ヒート2
スタートに失敗した大塚は20番手でオープニングラップをクリア。ここから追い上げを開始した大塚は、前半15位まで挽回すると、更に追撃を続け8周目に14番手、後半11周目には2台をパスし12番手まで挽回してチェッカーを受けた。オープニングラップを24番手でクリアした高輪は、2周目に転倒で最後尾までポジションを下げ、再び追い上げを開始するも、ヒート1の転倒でダメージが残っていたため8周目でリタイアとなった。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIDGESTONE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る