[BRIDGESTONE]JMX Rd.1 IA1 成田亮がパーフェクトV ブリヂストン勢が両ヒート表彰台を独占

160408_115

2016年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第1戦九州大会は、熊本県菊池郡大津町のHSR九州で開催された。

満開の桜が出迎えた会場のHSR九州は、本田技研工業㈱熊本製作所内にあるオンロード・オフロード両方を有する施設で、完成車両のテストコースを一般開放する形で、九州地方のモータースポーツの中心的な役割を果たす。

2014年に全面改修されたコースは、元々の火山灰による黒土と搬入したサンドのミックス路面。黒土は固く締まって滑りやすく、大会に合わせ大量の砂を搬入するために、走行によって砂の乗った部分と、元の黒土が露出した部分に分かれ、グリップ力とトラクションの両方が試される、国内では他にない特殊なコンディションとなる。

春本番を迎えたシーズン開幕戦。天候は、土曜日が晴れて予選はホコリが舞ったが、日曜日は午後から降り出した小雨がちょうどいい散水となり、ほぼベストのコンディションが保たれた。同日ロードコースではEnjoy Hondaというイベントが開催され、入場者はロードコースでのイベントとモトクロスレースの両方を行き来できたため、主催者発表で6700名のモータースポーツファンが会場を訪れ、今シーズン最初のレースを楽しんだ。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIDGESTONE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る