KTMがライダーを精力的にサポートする「レーシングサービスパッケージ」を継続 歴史あるISDEに日本からエントリー可能

160408_110

第1回開催が1913年と、100年を超える歴史を持つエンデューロレースとして知られるISDE(International Six Days Enduro)。戦争による中断を挟みつつ、2016年で91回目このレースは、年毎に開催国を変え、国別対抗形式を取るレースとして知られている。

ヨーロッパを代表するこのエンデューロレースへの参加を極力現実的なものとするべく、KTMではレンタルバイクを含めたレースサポートパッケージを展開、2016年もユーザーに向けた精力的なサポートを継続して行うこととなった。2016年のISDEは、10月11日~16日、スペイン-ナバラにて開催予定で、KTMは今大会もオフィシャルパートナーとして活動が決定している。

海外レースへの参加でもっとも負担が大きい、参加車両の準備と輸送、この部分について、KTMのレースサポートパッケージなら、現地で車両をレンタルできるため、大幅な労力とコストの削減が見込めるのが魅力だ。ラリーレイドの最高峰であるダカールラリーへのサポートパッケージ同様、ヨーロッパ最高峰のエンデューロレースに参加可能な本サービスは、KTMのフィロソフィーである「READY TO RACE」を、ユーザーの皆様にも現実として体感していただけるよう用意した、世界に向けたとびらのひとつである。

本パッケージは、「車両レンタルサービス」と「シックスディズレースサービス」に分かれ、車両サービスについては、KTM 2017 モデル (SIXDAYS 特別仕様車)からレンタル可能だ。車種は2スト/4スト、全6車種から選ぶことができる。人気のあるものから順次確保されていくため、早期の申込が好みの車両を押さえるポイントだ。また車両の損耗については、走行終了後に現地で車両状況を確認の上、使用者にご負担いただく流れとなる。

この車両サポートサービスとは別に用意されている「シックスディズレースサービス」は、専用サービスピットの用意、油脂・工具類の提供、WP サスペンションのサポート、KTM メカニックによる技術サポートなどを受けることが可能だ。他に、サービスポイントで給油、油脂類・工具貸出、軽食提供等、サービス内容は細部に至る。

この「ISDE 2016 レーシングサービスパッケージ」の詳細、お申し込みについては、お近くのKTM正規ディーラーへお問い合わせいただきたい。

160408_111

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る