ヤマハ、透過性の外装を用いたデザインコンセプトスクーター「04GEN」を発表

160408_04

ヤマハ発動機は、二輪車のショーイベントとして初めてベトナムで開催される「ベトナムモーターサイクルショー2016」(4月7日~10日、ホーチミン)に、スクーターのデザインコンセプトモデル「04GEN」を出展する。

「04GEN」は”RUN-WAY”をコンセプトに、心と身体を磨き、気高い品位を感じさせる女性をイメージしてデザインされた。

160408_10
フレームを外装部品で覆い隠す一般的なスクーターの車体構造に対し、「04GEN」はフレームを透過性のある外装部品で覆い、美しく構成された内部構造を見せることで、堂々としたボディに軽やかさが与えられ、内と外の美しさの融合を究めた新たなデザインとなっている。

160408_07

160408_03160408_04
160408_05160408_06
160408_08160408_09

以下プレスリリースより

創立以来、一貫して”デザイン”を製品づくりの重要な柱として位置づけている当社は2013年、「Refined Dynamism(洗練された躍動美)」をデザインフィロソフィーとして掲げ、ヤマハらしさを具現化する製品の開発に取り組んでいます。

このフィロソフィーに基づき、2014年にはデザインコンセプトモデル第1弾の「01GEN(フロント二輪のクロスオーバーモーターサイクル)」および第2弾「02GEN(魅せたくなる電動アシスト車いす)」を、2015年には第3弾「03GEN(TRICITYに色・素材・仕上げ提案を施したモビリティ)」を発表しています。

▼01GEN

160408_11160408_12

▼02GEN

160408_13160408_14

▼03GEN

160408_15160408_16

当社は今後もデザインコンセプト「GEN」を様々な機会に出展・提案していきます。

[04GENに関するウェブサイトはこちら]
http://global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/design/features/concepts/04gen/

【関連ニュース】
ヤマハ、グループのデザイン司令塔となる研究・開発拠点「新デザイン棟」を建設

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る