[YAMAHA]MotoGP Rd.3 事前情報 アメリカズGP出場のためテキサスへ

160408_106

■大会名称:第3戦アメリカズGP
■開催日:2016年4月8日(金)フリー走行、9日(土)予選、10日(日)決勝
■開催地:テキサス州/オースティン
■開設:2012年
■コース長:5.513km
■サーキットレコードラップ:2分3秒575(M・マルケス)
■サーキットベストラップ:2分2秒135(M・マルケス)
■2015年の優勝者:M・マルケス(ホンダ)

Movistar Yamaha MotoGPは、第2戦アルゼンチンGPを終えた後、今週末に予定されている第3戦に出場するため、テキサス州オースティンにあるCOTA(Circuit Of The Americas)へ移動。V・ロッシとJ・ロレンソはともに、2週連続となるレースを楽しみに待っている。

アルゼンチンGPでは難しいコンディションとなったが、ロッシはそのなかでも大きな成果を残した。レース中のマシン交換など予想外のハプニングもあり多くが転倒リタイアとなったが、ロッシは最後まで全力でM・マルケス(ホンダ)を追い続け、2位を獲得し今季初の表彰台に上った。COTAでは、確実に好感触をつかんでおり、2015シーズンでは激しいバトルの末に自己最高の3位表彰台を獲得している。

一方のロレンソは、アルゼンチンGPではノーポイントとなったが、第1戦カタールGPのような好レースに向けて気持ちを切り替えている。COTAとの相性は決して良いとは言えないが、2013年には3位を獲得している。

COTAは2013年に建設されたばかりの新しいサーキット。その年にグランプリ・コースのひとつに加えられ、今年でGP開催4年目を迎える。全長5.513kmのこのコースは、高速のストレートとタイトなヘアピンが混在するレイアウト。まさに挑戦と興奮の連続で、ライダーたちは、11の左コーナーと9つの右コーナー、そしてそれらをつなぐ1,200mものストレートを攻略しなければならない。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る