鈴鹿サーキットが台湾にも!? 同コンセプトの「SUZUKA CIRCUIT PARK」が台湾・高雄市に5月9日オープン

160406_47

鈴鹿サーキットのコンセプトを継承する、モビリティのテーマパーク

モビリティランドが「鈴鹿サーキット」のライセンスを提供し、同コンセプトの「SUZUKA CIRCUIT PARK」が台湾・高雄市に5月9日にオープンすることが発表された。

台湾の大魯閣エンタテイメント股●有限公司(●はにんべんに分)が台湾・高雄市に建設、運営するアミューズメント施設「SUZUKA CIRCUIT PARK」と、併設される大型商業施設「大魯閣草衙道(Taroko Park Kaohsiung)」が今回、同時にオープン。

オープンするのは「サーキット」ではなく「テーマパーク」施設

オープンとなるSUZUKA CIRCUIT PARKには、実際の国際レーシングコースではなく、同じレイアウトの全長約600mのコースが建設され、立体交差も再現。そのコースはレンタルカートで走行することができる。他にもモビリティランドオリジナルのキッズバイクをはじめとした遊戯機種が導入される。

キッズバイク

若い世代へ、モビリティ文化を伝える施設

日本の鈴鹿サーキットは、「レース場」としてのサーキットが有名であるが、隣接する形で「自分の手で操る」事をテーマとした、アミューズメント施設が存在する。
こういった施設は同社の運営する「ツインリンクもてぎ」においても受け継がれており、また惜しまれつつ閉園した「多摩テック」においても同様のコンセプトで運営が行われていた。
台湾でオープンする「SUZUKA CIRCUIT PARK」もこのコンセプトを受け継ぎ、子どもたちへのモビリティ文化を伝えていく施設となる。

パーク内には、のりものを通して様々なチャレンジができる仕掛けが用意されており、鈴鹿サーキットの「ゆうえんちモートピア」の理念とノウハウが活かされている。

また、隣接のショッピングモールにはH&M、Guess、Nauticaなどのグローバルファッションブランドや、台湾南部最大規模のアップルストア(Studio A)、韓国のファッションブランドであるH:CONNECTが台湾南部に初めて出店するメンズ&レディースアパレルとカフェの複合旗艦店、そして各国料理、地元料理レストラン、特産品販売ショップなど、約200のテナントが入る予定で、台湾のライフスタイルにフィットする大規模な商業施設となる。

年間動員は施設全体で1,000万人が見込まれており、開業日の5月9日(月)には同地でオープニングセレモニーが開催される。

【関連ニュース】
◆鈴鹿8耐は今年もコカ・コーラ ゼロ!8耐バージョン特別CMと、過去の映像満載の映像が公開

以下モビリティーランド プレスリリースより

施設概要

■施設名
大魯閣草衙道 (Taroko Park Kaohsiung)

■アクセス
高雄国際空港より地下鉄高雄MRTで3分(草衙駅下車)

■総面積
約86,000平方メートル

■エリア構成
・SUZUKA CIRCUIT PARK
・屋外型ショッピングエリア、レストラン
・3階建て商業棟(屋内外ショッピングエリア、レストラン)
・屋内アミューズメント(スポーツ施設、ファミリーアミューズメント、シネマコンプレックス他)

■建設・運営
大魯閣開發股份有限公司(本社:台湾・台北市)

 

日本で初めてレーシングコースの名称・レイアウトを「輸出」
鈴鹿サーキットと同一レイアウトのカートコース

■1/10サイズの鈴鹿サーキット国際レーシングコース
日本で培った50年以上のノウハウを、海外へ

160406_46▲鈴鹿サーキットの約1/10のレンタルカートコース 建設中の様子(3月30日撮影)

SUZUKA CIRCUIT PARKには、S字コーナーや立体交差、コースに隣接する観覧車といった、鈴鹿サーキット国際レーシングコースと同じ特徴を持つ、レンタルカート用のコース(全長約600m)が作られます。

レーシングコースの名称とレイアウト、付帯のアミューズメントが海外の事業者へ「輸出」されるのは日本初であり、日本のモータースポーツ、レジャー業界にとって新しいビジネスモデルとなります。

鈴鹿サーキットは、50年以上前に日本で初めての本格的なレーシングコースとして誕生して以来、モータースポーツ文化、モビリティ文化の振興と発展を目指してきました。レースを核としたモータースポーツ・エンターテイメントを提供するとともに、子どもたちが自ら操れる乗り物を多数開発し、交通ルールやマナーを幼い頃から自然に学べる環境を作り上げ、今日に至っています。

当社は、本パークにライセンスの使用を許可するだけでなく、理念と、長年にわたり培ってきたノウハウも提供し、台湾におけるモータースポーツ、モビリティ文化の振興、発展を目指していきます。

 

テーマは「チャレンジ!」 子どもの成長を見られる遊園地

■「操る喜び」を感じられる、オリジナルののりものを導入
SUZUKA CIRCUIT PARKでは、これまで当社が開発し、鈴鹿サーキットに導入してきたオリジナルののりものを楽しめます。これらののりものはお子さまが自ら操るため、ときには思い通りに動かせないこともありますが、何度もチャレンジして成功することで、大きな達成感を得ることができます。

のりものの導入にあたっては、設計から製造、動作確認、実際の運転操作や乗り場での演出、整備に至るまで当社がコンサルティング。安全・安心であることはもちろん、遊びを通してモビリティの楽しさや交通ルールに触れ、「操る喜び」を感じられる鈴鹿サーキットのゆうえんち「モートピア」と同じコンセプトで、お子さまの成長に寄与し、クルマやバイク、モータースポーツへの憧れを醸成します。

モビリティランドがコンサルティングし、SUZUKA CIRCUIT PARKに導入予定の機種

キッズバイク▲キッズバイク

アクロX
▲アクロX
コチラドライビングスクール
▲コチラドライビングスクール

※その他「ドリフトS」「ドリフトキッズレーサー」「チクタクトレイン」などが予定されています。
※写真はすべてイメージのため、実際のものとは異なります。
また、一部機種は現在の鈴鹿サーキットゆうえんちモートピアでは導入されていません。

 

コチラファミリーがSUZUKA CIRCUIT PARKでもお出迎え
手塚ファミリーの鉄腕アトムも駆けつけ、パークを盛り上げる

160406_42▲SUZUKA CIRCUIT PARKで遊ぶコチラファミリーのイメージイラスト

■コチラファミリーのパフォーマンスで、鈴鹿サーキットと同じ世界観を演出
大人も子どもも楽しくなれる空間に

SUZUKA CIRCUIT PARKでは、日本の鈴鹿サーキットと同じくコチラファミリーが登場し、大人も子どもも楽しめるパフォーマンスを披露します。すでに、台湾の国際旅行博など様々な場所でコチラたちは活動しており、台湾国内でも人気を集めています。

また、コチラファミリーの生みの親である手塚プロダクション(東京都新宿区)からは、期間限定で鉄腕アトムがコチラたちを応援。コチラファミリーと鉄腕アトムの合同パフォーマンスやコラボグッズの販売などが予定されており、ともにSUZUKA CIRCUIT PARKを盛り上げます。

2015年10月 台湾・高雄市の国際旅行博
▲2015年10月 台湾・高雄市の国際旅行博
同じ手塚ファミリーの鉄腕アトムとのコラボイラスト
▲同じ手塚ファミリーの鉄腕アトムとのコラボイラスト

 

併設されるショッピングモール
「大魯閣草衙道(Taroko Park Kaohsiung)」
台湾南部のライフスタイルにフィットする商業施設

■高雄国際空港から1駅の好アクセス 台北駅からおよそ90分
SUZUKA CIRCUIT PARKが入るショッピングモール「大魯閣草衙道(Taroko Park Kaohsiung)」は、高雄国際空港から地下鉄(高雄MRT)で1駅の草衙駅に近接し、最寄りの高速道路出口からは250mと、公共交通機関、マイカーともにアクセスの良いエリアに位置します。

台北駅からも台湾新幹線を利用すればおよそ90分で行くことができ、国内外から多数の来客が期待されています。

■台湾初の大型複合スポーツ施設、シネマコンプレックスをもつ総合エンターテイメント施設
モール内の大型複合スポーツ施設「WeSport」は、メインショップとしてフィットネス、バッティングセンター、ボウリング、バスケットボールなど様々なスポーツに挑戦できるうえに、スポーツウェアや用品ショップを完備した台湾初のスポーツテーマパークです。

また、シネマコンプレックスは、最先端のテクノロジーによる美しい映像とクリアなサウンド、座り心地にこだわった椅子、見やすく迫力のある大型で広角のスクリーンなど、理想を追求した映画館です。

台湾南部最大の商業施設としてオープンする大魯閣草衙道(Taroko Park Kaohsiung)は、SUZUKA CIRCUIT PARKとともに、これまでの台湾にはなかったエンターテイメントを提供いたします。

→全文を読む

情報提供元 [ モビリティランド ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る