[Kawasaki]JMX Rd.1 新井宏彰が総合2位入賞と 田中教世が今季より古巣にカムバック

160406_161

■ 2016年 全日本モトクロス選手権 第1戦 九州大会
■ IA1
■ 開催日:2016年4月3日(日)
■ 会場名:HSR九州

新井宏彰の開幕戦

「ヒート2で表彰台を逃したのが残念ですが、総合2位ということもあり、まずまずだったんじゃないかなと思います。最近はなぜかHSR九州での成績が悪かった(’14年10位/8位、’15年6位/11位)ので、とにかく揃えたいと考えていました。

ヒート1はスタートが決まって、1コーナー旋回中はトップだったんですけど、立ち上がりから次のジャンプに差しかかる辺りでインから成田選手に並ばれ、そのまま逃げられました。その後、小島選手にも抜かれて3番手に下がったんですが、少し離されたり追い付いたりした後、逆転できないまま3位でフィニッシュしました。
 
もちろん自分の中では優勝を目指して走っていたんですが、今回は成田選手のラップタイムが1~2秒速くて離されました。小島選手は常に見えていたし、終盤勝負だと決めて徐々に詰めたんですが、詰め切れなかったという感じです。
 
ヒート2でもほぼホールショットだったんですが、ワイドな1コーナーでインからアウトから並ばれ、4番手スタートとなりました。前には成田選手、小島選手、熱田選手がいたんですが、攻めるタイミングを計っているうちに後ろからガンガン追い上げてきた平田選手に抜かれました。その後、小島選手がフープスで転倒して4位に復帰。後半は熱田選手と3位争いになりました…」

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る