日本自動車工業会、バイクの価値を社会に広める資料「社会に役立つ バイクの力」を公開

160406_13

一般社団法人日本自動車工業会(JAMA)は、「バイクの良さをもっと広めたい」という願いのもと、様々な場面で社会貢献するバイクを紹介した資料「社会に役立つ バイクの力」を公開した。

資料では、「生活を豊かにするパーソナルコミューター」「経済活動を支えるフットワーク」「行政業務を担う機動力」としてのバイクの魅力が紹介されており、バイクの持つ可能性として「大規模災害の対策としての活用」「社会のルールやマナーを学ぶ教育手段」などが取りあげられている。

また同時に、バイクの価値をより活かすために必要なこととして、バイクの利用環境に関する主な課題を挙げ、理解と協力を呼びかけている。具体的には以下の7点。

バイクの価値をもっと活かすために必要なこと

(1)二輪車駐車場整備促進

大都市を中心に更なる整備促進を!

(2)高速道路料金適正化

車両の大きさ・重さに見合った料金体系に!

(3)二輪車通行禁止区域の撤廃

理由が解消・改善している規制は見直しを!

(4)二輪車の走行区間の確保

自動二輪車は「バス専用通行帯を含む複数の通行帯を走行可能に!

(5)高齢者・高校生への安全教育の充実

交通ルールとマナーの浸透を図り、安全な二輪車利用を!

(6)小型限定普通二輪免許の取得簡便化

取得にかかる日数などを短縮し、免許を取得しやすく!

(7)バイク防災隊支援活動

防災・減災にもっと二輪車活用を!

以下JAMA発表資料「社会に役立つ バイクの力」より

「社会に役立つ バイクの力」

160405_117
160405_118
160405_119
160405_120
160406_12

→全文を読む

情報提供元 [ 一般社団法人日本自動車工業会 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る