ヤマハ、コミュニケーションプラザでNMAXを用いた「春風の誘いに乗ってカフェ巡り」展示を実施

160405_07

ヤマハ発動機の企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」は、4月1日から館内の展示を一部変更し、生活や社会を豊かに彩る「ライフスタイル”春バージョン”展示」「産業用ロボット デモ展示」を実施している。

二輪では「NMAX」を用いて「春風の誘いに乗ってカフェ巡り」をテーマとした展示が行われている。

160405_04

以下公式サイトより

展示内容

1.「産業用ロボット デモ展示」

電動アシスト自転車「PAS」のスピードメーターの組立・分解を繰り返し行う組立ロボットのデモンストレーションコーナーを常設展示として導入しました。

「リニアコンベア」により組立部品を素早く運び、「スカラロボット」「直行ロボット」の組み合わせで、基板の搭載、ねじ締め、シーリング、カバー搭載などの一連の組立を連動して行います。

160405_06

2. 「ライフスタイル”春バージョン”展示」

電動アシスト自転車やスクーターを使って、さわやかな陽春の週末を楽しく過ごす場面を表現しました。

スクーター「NMAX」を用いた展示では「春風の誘いに乗ってカフェ巡り」を、電動アシスト自転車「PAS Mina」と「YPJ-R」を用いた展示では「”初めての冒険” 親子でプチツーリング」のテーマで6月下旬まで展示しています。

160405_04160405_05

[ヤマハコミュニケーションプラザ情報]
http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/

[問い合わせ先]
ヤマハコミュニケーションプラザ
tel:0538-33-2520

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る