[YAMAHA]SBK Rd.3 ローズとギュントーリが第1レース・第2レースでともにトップ10入り

160404_21

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第3戦スペイン大会
■開催地:スペイン/アラゴン(1周5.077km)
■周回数:18周(91,386km)×2

レース1
■開催日:2016年4月2日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:15度
■PP:M・ファン・デル・マーク(ホンダ/1分33秒452)
■FL:C・デイビス(ドゥカティ/1分50秒421)

レース2
■開催日:2016年4月3日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:19度
■PP:M・ファン・デル・マーク(ホンダ/1分33秒452)
■FL:C・デイビス(ドゥカティ/1分50秒053)

【第1レース】
Pata Yamaha Official WorldSBK TeamのA・ローズとS・ギュントーリが、それぞれ8位と9位

Pata YamahaOfficial WorldSBKTeamのS・ギュントーリとA・ローズが、スーパーポールでそれぞれ2位と3位。ともにフロントローに並んで決勝をスタートした。

アラゴン・サーキットで行われた第3戦。フロントローを獲得していたA・ローズはスタートで出遅れて6位へ後退。懸命の挽回を図るなかで不運にも他車の影響ではらみ、さらに13位まで順位を下げてしまった。ここからハードなプッシュでもう一度、挽回を試み、タイヤの消耗に苦しみながらも8位まで浮上。これで貴重な8ポイントを獲得し、ランキング12位へ上がった。チームはこの18ラップのデータを活用してセッティング向上を目指し、明日の第2レースに臨む。

チームメイトのS・ギュントーリは、フロントローから好スタートを切って2位をキープ。トップのテールにぴったりとついて逆転のチャンスを窺っていたが、タイヤの消耗が激しくなり、徐々にペースを下げた。最終的には9位まで後退。シリーズポイントでは7ポイントを加算してランキング5位をキープした。

第2レースは日曜日、現地時間13:00にスタート。

【第2レース】
A・ローズとS・ギュントーリが第2レースでトップ10入り

ローズはグリッド3位からやや出遅れてオープニングラップを7番手で終了。6ラップ目にはコースアウトを喫し、18位まで後退してしまった。しかしそこから猛然と挽回。5台を抜いて12位に上がったあと、残り2ラップでついにはトップ10入り。さらに最終ラップのゴールライン直前でチームメイトのギュントーリをとらえて9位に浮上した。これでシリーズポイントでは7ポイントを加算し、ランキング12位をキープしている。

一方のギュントーリは、フロントローから慎重にスタートを切って5番手。その後はタイヤの消耗を抑える作戦でさらにふたつ下げて走行していたが、レース終盤になってペースが上がらず10位へ後退した。これで6ポイントを加算してランキング6位。

Pata Yamaha WorldSBK Teamはこのあとヨーロッパへ戻り、4月16日に行われる第4戦オランダ大会に備える。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る