[HONDA]AMA SX Rd.12 カナードが5位入賞を果たす。シーリーはケガのため欠場

160404_11

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSの第12戦は、4月2日(土)にカリフォルニア州サンタクララのリーバイス・スタジアムで開催されました。

イースター休暇のインターバルを挟んで再開したシリーズ第12戦。終盤戦に向け万全の準備を整え臨むはずのTeam Honda HRCでしたが、事前の練習中に負傷したコール・シーリーは今大会を欠場することになり、トレイ・カナード一人の参戦となりました。

日中行われたタイムアタック予選。カナードは、1回目のセッションで全体2番手となる43秒563の好タイムをマークしました。

予選ヒートレース。1組目に出走したカナードは、オープニングラップ18番手と出遅れるも、5周目には7番手までばん回。しかし最終ラップに再びアクシデントがあり、カナードは14番手でチェッカーを受けました。

ファイナル決勝レース。予選結果により不利なグリッドを強いられたカナードは、まずまずのスタートを決めて、オープニングラップを10番手でクリア。3周目に一つ順位を上げたカナードは、前半にさらなる追い上げを見せ、5周目には一気に3台をパスして6番手にジャンプアップ。10周目にさらに1台を抜き、後半はこのポジションを確実にキープして、第6戦のサンディエゴ以来となる今シーズン自己ベストタイの5位でチェッカーを受けました。この結果、カナードは暫定ランキングで9番手に。ケガで今大会を欠場したシーリーは暫定ランキング7番手となっています。

なお、250SXウエスト地区8戦目となる今大会でGEICO Hondaのクリスチャン・クレイグが4位入賞を果たし、暫定ランキングは3番手となっています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る