【舟橋潤 コラム】サスセッティングは手順が大事!

【舟橋潤:サスペンションサービス G sense代表】

20160404_fj09

二回目のコラム投稿は、前回の『サスセッティングでバイクは変わる!』に引き続き(まだ読んでいない方は是非こちらから)、具体的にどこから調整すべきかを解説していきます。

料理の手順と同様に、サスセッティングにも手順アリ

前回サスセッティングは料理を作るのと非常に似ていると書きましたが、料理にも手順があるように、サスセッティグも着手する手順がとても重要です。
多くの方がこの手順を知らないで、目の前にある調整箇所をとりあえず回してみるといった感じで始めているように見受けられます。

例えば、ネイキッドバイクに多いツインショックなんかは、ダイヤルが回しやすいという理由で圧側減衰調整(Comp)をまず回してみる方が多いでしょう。シングルショックの場合はリザーバータンクが目立った場所に付いていて、これまたダイヤルが調整しやすいケースが多いです。
そして、圧側減衰(Comp)の変化は多少なりとも感じるものの、良くなったか悪くなったか判断出来ずに、『サスセッティング=良く分からない』に陥っているパターンが多く見受けられます。

20160404_fj07▲金色のタンク上に存在する圧側減衰調整ダイヤル

私の考えるサスセッティングの手順では、圧側減衰調整(Comp)は最後に加える調味料のようなものと捉えています。なので当然全ての手順がうまく行ったあと最後に調整する程度です。
そう、圧側減衰調整(Comp)はラーメンでいうところの胡椒、うどんでいうところの七味、お寿司でいうところのわさびのようなものです。無ければ味気ない、入れすぎると料理本来の味が分からなくなる要素があるという意味でも『圧側減衰調整(Comp)=調味料のようなもの』と言えるでしょう。

バイクへの影響が「大きい順」に進めていく

では本題のサスセッティグに着手する手順ですが、G senseでは下記順番で進めています。と同時にこの手順どおりの順番と同じく、バイクへの影響力が大きい順でもあります。

1. 車体姿勢
・・・主にサスペンションの取り付ける高さや角度を変更し、車体の姿勢の変化を付ける。

2. スプリングレート
・・・スプリング自体の持つバネの反発力を変更する。多くの場合スプリング自体を交換。

3. プリロード(イニシャル)
・・・スプリングにかかっている荷重を変更する。フロント・リア共にネジ式の調整機構が存在し、純正の場合は調整が存在しないものも。

4. 伸び側減衰(Reb・リバウンド)
・・・サスペンションに備わっているダンパー機構の特性を、調整機構やオイル粘度を変更し、伸びようとするバネの力に対して、ダンパーの効き具合を調整する。

5. 圧側減衰(Comp・コンプレッション)
・・・サスペンションに備わっているダンパー機構の特性を、調整機構やオイル粘度を変更し、縮もうとする力に対して、ダンパーの効き具合を調整する。

ただし、一般的なサスセッティングを始める上で、いきなり車体姿勢やスプリングレートを見直すことはハードルがかなり高いと思います。
ラーメンを作る上で、麺から打つ、であったり、出汁から取るに匹敵する行為です。自分でチャレンジしてみたい方は是非ご自身でやってみるのが良いですが、自信のない方はプロに任せるなり聞いてみることをお薦めします。

まずはプリロード調整からはじめよう!

20160404_fj08▲写真(フロント)の場合円形に飛び出ている部分を回すことでプリロード調整が可能。

そして、誰でも出来るのが3番のプリロード(イニシャル)からです。大抵の社外サスペンションには付いているものですし、リアサスに限ってはほとんどの純正サスペンションでも調整機構が付いています。
現状で固く感じるようでしたらプリロードを弱める、動きすぎると感じるようでしたら強めるといった具合に、シンプルに考えて試してみましょう。

自分の乗り方、体型に合うプリロードを見つけることが出来るだけで、『サスセッティングでバイクは変わる!』が体感出来るはずです!

舟橋 潤

舟橋 潤サスペンション専門店 G sense代表

投稿者プロフィール

15歳から始めたロードレースでレーサーとしてのキャリアをスタート。レースに参戦する中で、サスペンションセッティングの 重要性に 気づく。
その後、月刊ライディングスポーツ編集部のテストライダー及び執筆活動を経 て、株式会社カロッツェリアジャパンにてサスペンションに関わる業務を 多く 経験。
現在は横浜でサスペンション専門店 株式会社G sense代表として、多くの一般ラ イダーにサスペンションサービスを提供している。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第2戦 ツインリンクもてぎ大会の冠協賛が決定 6月2日(土)・3(日)にツインリンクもてぎ…
  2. MVアグスタは、群馬県太田市のディーラー「M.C.ファクトリー フクシ」にて1月27日(土)…
  3. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
ページ上部へ戻る