[HONDA]JMX Rd.1 IA1 成田亮が5年連続で開幕戦両ヒート優勝を達成

160404_10

■2016年4月3日(日)・決勝
■会場:HSR九州
■天候:曇りのち雨
■気温:21℃
■コースコンディション:ドライのちウエット
■観客:6700人

IA1 レポート

全日本モトクロス選手権は、今季も熊本県にあるHondaのホームコースでシーズンイン。Hondaの二輪車の国内生産を担う熊本製作所の敷地内に設けられた、複合モータースポーツ施設であるHSR九州は、5年連続で開幕戦の地となりました。

昨年よりも1戦少なくなり、2012~14年と同様に年間9戦となった今季の全日本モトクロス選手権。HondaのワークスチームであるTeam HRCは、最高峰クラスのIA1には成田亮が引き続き参戦。ワークスマシンのCRF450RWを駆り、タイトル奪回を狙います。またIA2には、Hondaに移籍した能塚智寛がワークスマシンのCRF250RWで出場して、Hondaの連覇を狙います。

HSR九州のモトクロスコースは、14年の開幕前に完全リニューアル。世界選手権コース級の広いコース幅を誇ります。さらに今大会の直前には、大量の山砂を運び込みながら、入念な整備がされました。天候は、予選が行われた4月2日(土)は晴れて気温が上昇。3日(日)は朝から薄日が差す曇り空で、昼過ぎから弱めの雨が降り続きました。

HSR九州を舞台とした過去4年の開幕戦では、ドライあるいはマディといった路面状況にかかわらず、いずれも両ヒート制覇を達成しているTeam HRCの成田亮。今年も、ドライコンディションに恵まれた予選をトップでクリアすると、決勝ヒート1のスタート直後から鋭い走りを披露しました。

ホールショットこそ新井宏彰(カワサキ)に譲ったものの、しっかり上位勢に加わって1コーナーをクリアした成田は、オープニングラップにすかさずトップへ浮上。すると2周目には、ライバル勢を1秒以上も上回るファステストタイムを叩き出して、逃げきり態勢に入りました。

この2周目には、2番手を小島庸平(スズキ)ですら、ハイペースを守る成田についていくことはできず、成田が次第に独走状態へ。後続との差が10秒以上に拡大してからもペースを緩めず、次第に落ちていったラップタイムをラスト2周で再び上げ、後続と約25秒差でトップチェッカーを受けました。

午後から降り始めた小雨の影響で、ヒート2は滑りやすく変化する状況の中でスタート。小島と北居良樹(KTM)を追って、成田は3番手で1コーナーを立ち上がりました。しかしヒート1と同じく、1周目前半にポジションアップを果たし、多くのHondaファンや関係者が見守っていたコース後半には、トップで戻ってきました。

難しい路面状況ということもあり、ヒート1とは打って変わって、序盤の成田はやや慎重な走り。そのため3周目あたりまでは、小島や熱田孝高(スズキ)らを背後に引き連れる状態が続きました。しかし、4周目から5周目にかけてハイペースをキープすると、これで後続との差が5秒近くに広がりました。

7周目には成田にややミスがでましたが、すぐにペースを取り戻し、レースが後半に入る8周目エンドの段階で、2番手を走る平田優(ヤマハ)との差は約7秒に。その後も一人旅を続けた成田は、最終的には10秒以上の差をつけ、16周のレースで勝利を収めました。これで成田は、5年連続で開幕戦ダブルウインを達成しました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アルパインスターズの国内代理店である岡田商事が、東京モーターサイクルショーの会場でエアバッグ…
  2. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  3. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  4. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
ページ上部へ戻る