[HONDA]SBK Rd.3 ヘイデンがレース1で6位、ファン・デル・マークはレース2で7位

160404_18

■2016年4月3日(日)・決勝
■会場:モーターランド・アラゴン
■天候:晴れのち曇り
■気温:19℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:1万2177人(3日間:2万7608人)

WSB レポート

スーパーバイク世界選手権(WSB)とスーパースポーツ世界選手権の第3戦が、4月1日(金)~3日(日)の3日間、スペインのモーターランド・アラゴンで開催されました。

モーターランド・アラゴンは、バルセロナから約200kmに位置するアルカニス郊外にあります。2011年に初開催となり、今年で6度目を迎えました。開幕戦オーストラリア大会の季節は夏でした。第2戦タイは熱帯の国でした。

開幕から2戦は、ライダーにもタイヤにも厳しいレースが続いていましたが、ヨーロッパラウンド初戦となったスペインでのアラゴン大会は、土曜日が15℃、日曜日が19℃という絶好のコンディションの中で行われました。

Honda World Superbike Teamで2年目を迎えるマイケル・ファン・デル・マークは、開幕戦オーストラリア大会で3位/2位、第2戦タイ大会で3位/4位と、好調なシーズンのスタートを切りました。今大会は3戦連続となる表彰台獲得と、シーズン初優勝に向けて闘志を燃やしましたが、予選では転倒を喫し、4列目11番グリッドから追い上げのレースに挑むことになりました。

その第1レースでは、再び転倒を喫してリタイア。第2レースでは表彰台争いを視野に入れて熱走しましたが、終盤にペースを落とし、最終的に7位でフィニッシュしました。

第1レースがノーポイントだったため、ファン・デル・マークは総合3位から4位へとポジションダウン。その悔しさを次戦オランダ大会にぶつける意気込みです。

オランダ大会は、ファン・デル・マークにとってもチームにとってもホーム大会となります。昨年の大会では、両レースで3位になり、初表彰台とともに2度目の表彰台を獲得しました。今年は安定した走りで表彰台争いに加わっているだけに、次戦では大きな期待が寄せられます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る