[SUZUKI]MotoGP Rd.2 決勝 マーベリック・ビニャーレス、惜しくも表彰台を逃す

160404_09

■2016年4月3日
■MotoGP 第2戦 アルゼンチンGP 決勝
■場所:アルゼンチン テルマス・デ・リオ・オンドサーキット

チームスズキエクスターライダーのマーベリック・ビニャーレスが、テルマス・リオ・オンドサーキットで開催されたアルゼンチンGPで観客を沸かせた。

スタート直後に5番手につけたビニャーレスは、安定した走りで、その後8周目に3番手に浮上。ラスト3周で痛恨の転倒を喫し、表彰台まであと一歩のところで、悔しいリタイアとなった。

シーズンオフテストから快調な走りを見せ、その成長ぶりをアピールしてきたビニャーレスだが、このアルゼンチンGPではそれを見事に証明してみせた。そして、チームスズキエクスター・MotoGPプロジェクトもまた、ライダーとともに大きなステップアップを遂げていることが証明された。

レースはドライ宣言ながら、昨日のリアタイヤ問題を受け、異例のフラッグ・トゥ・フラッグ形式で行われ、全ライダーが、スタート後9周目から11周目の間にピットインし、バイク交換をすることが義務付けられた。

3番手を走行していたマーベリックは、すぐ後ろにつけていたイアンノーネ(ドゥカティ)とほぼ同時にピットイン。スムーズなマシン交換により、タイムロスすることなくふたたびコースインし、さらに果敢な走りで、表彰台まであと一歩だった。

チームメイトのアレイシ・エスパロガロも同様に力強い走りを見せるも、レース前半の転倒により順位を大幅に落としてしまう。しかし転倒後すぐにコースに復帰し、11位でチェッカーフラッグを受け、貴重なポイントを獲得。

前日夜から降り始めた雨により、決勝日朝に予定されていた追加ウォームアップセッションはキャンセルとなり、ウォームアップセッションは10分間延長となった。

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

【関連ギャラリー】
◆【SUZUKI】MotoGP Rd.2 ビニャーレス、ラスト3周で転倒 惜しくも表彰台を逃す

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る