[YAMAHA]MotoGP Rd.2 フリー走行 雨のアルゼンチンでフリープラクティスをスタート

160404_04

■大会名称:MotoGP第2戦アルゼンチンGP
■開催日:2016年4月1日(金)フリー走行総合結果
■開催地:テルマス・デ・リオ・オンド/アルゼンチン
■コースコンディション:ドライ
■気温:33度
■路面温度:53度

Movistar Yamaha MotoGP、雨のアルゼンチンでフリープラクティスをスタート

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソは、非常に暑く、また路面が汚れた状態のアルゼンチンのサーキットでミシュランタイヤを装着して初めて走行。それぞれ7番手と14番手で初日の走行を終えた。

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソは、好天のフリープラクティスをスタート。しかしグリップ不足に悩まされてペースが上がらず、それぞれ7番手と14番手。

路面が砂で汚れていてロッシは午前中のセッションでグリップレベル向上のための解決策を探る。ここが決勝で鍵を握ることになるからだ。そして周回を重ねるうちにフィーリングをつかみ、またニュータイヤの挙動にも慣れてくると1分44秒181を記録して6番手位へ。明日は雨が予想されていることから、ロッシは午後のセッションも休まず走行を続け、トップ10入りを目指してさらなるセッティング向上に取り組んだ。セッション終盤になって新品タイヤを装着してアタックを開始。1分42秒565まで更新して7番手を獲得した。

一方、第1戦カタールの優勝の再現を狙うチームメイトのロレンソ。グリップレベルが低いコンディションのなかで感触をつかむために、第1セッションは慎重なスタート。セッション終盤までセッティング作業に取り組みながら、1分44秒742の記録で12番手。

午後になるとさらに気温が上がって難しいコンディションになると、そのなかでおもにフロントタイヤのフィーリング向上を課題とし、序盤はユーズド・タイヤを装着してセッティングに取り組んだ。その後、新品のハードコンパウンドに履き替えてタイムアタックを開始すると、1分42秒819へと更新して3番手へ浮上。しかし終盤になるとライバルたちもタイムを上げたため、ロレンソは14番手へ後退してセッションを終了した。

第2戦アルゼンチンGPの初日、スミスが好調ぶりをアピール

Monster Yamaha Tech 3のB・スミスが、第1セッションで9位を獲得し、第2セッションでは4位に0.220秒差と迫る順調な走りで好発進。明日の予選ではフロントロー獲得を目指す。

スミスのチームメイトのP・エスパルガロは、決勝に向けてYZR-M1のセッティングに取り組んだ。データを収集し、少しずつペースを上げてから臨んだ第2セッションでは、ポジションアップを目指してスミスにコンマ2秒弱の差まで迫ったが、その後、第1コーナーで転倒。それ以上のタイム更新にはつながらなかった。

フリープラクティス2日目は、現地時間9:55に開始予定。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る