[YAMAHA]MotoGP Rd.2 予選 Movistar Yamaha MotoGP両ライダー、フロントローを獲得

160404_03

■大会名称:MotoGP第2戦アルゼンチンGP
■開催日:2016年4月2日(土)予選結果
■開催地:テルマス・デ・リオ・オンド/アルゼンチン(4.806km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:31度
■路面温度:44度
■PP:M・マルケス(1分39秒411/ホンダ)

Movistar Yamaha MotoGP両ライダー、フロントローを獲得

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソは、2日目に大きく前進。ロッシは最後のアタックで2番手へ浮上。一方、フリープラクティス第3セッションで好調な走りを見せたロレンソは3番手を獲得した。

V・ロッシは、予選2番手を獲得し、コースに詰めかけた大勢のファンを歓喜させた。一方のロレンソはタイヤチョイスに悩んだものの、15分間のタイムアタックでは激しくプッシュし、3番手を獲得した。 フリープラクティス第4セッションでスコット・レディング選手の転倒があり、安全性を考慮して走行を一時赤旗中断し、時間をおいてから再スタートが行われた。

ロッシは再スタート後のセッション終盤でリズムを取り戻し、次のQP2に備えた。予定より30分遅れで始まったQP2では、渋滞を避けて後方から発進。早々に1分40秒791を記録して4番手につけたが、次のアタックではタイムを更新できずに8番手へ。その後は懸命のプッシュでペースを上げてゆき、ついには40秒台の壁を破る1分39秒988を記録して2番手へ浮上した。

残り5分半で素早くピットに戻り、1分半後にコースに復帰。4周目のアタックではタイムを更新することができず、その間に一時ロレンソが上回ったが、次のラップでは1分39秒786を記録。これでトップに0.375秒差に迫り2番手に復帰した。

一方のロレンソ。フリープラクティス第4セッションでは再スタート後の残り4分で転倒してしまったため、その後のQP2はスペアマシンで走行。 しかし、持ち前の集中力をキープして15分間の予選セッションに挑んだ。真っ先にピットを出走。しばらく状況を確認し、最初のアタックで1分40秒574を記録して暫定2番手につけた。

9分強を残してピットに戻り、リアタイヤを新品に交換。コースに復帰したときには5番手へ後退していたが、クリアスペースを見つけて2度目のアタックで1分40秒140へ更新して3番手へ浮上した。このあと残り4分で2度目のピットイン。1分後に復帰して最後のタイムアタックに臨み、ロッシ同様、40秒台の壁を破り1分39秒944。これでトップから0.533秒差の3番手となった。

明日は現地時間10:40-11:00にウォームアップセッションが行われ、決勝スタートは16:00。

エスパルガロとスミスはグリッド4列目からのスタート

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロは、QP2進出をわずか0.070秒差で逃したが、集中してQP1を走行。ここでベストラップを記録して2番手につけ、QP2に挑んだ。セッション開始とともにコースに出てペースを上げると、2列目に0.382秒差まで迫る好走を見せて予選10番手。

チームメイトのB・スミスは、12番手。午前中に行われたフリープラクティス第3セッションでは13番手となったが、QP1で1分40秒552のトップタイムをマーク。これでQP2に進出し、3ラップ目で自己ベストを更新した。しかし、さらにペースを上げていこうとした矢先に第1コーナーで転倒。そのままセッションを終了することとなった。明日の決勝ではロケットスタートを決めて、トップグループの戦いに加わることが目標。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 20170227_pol25
    オフロードバイクメーカーの外装生産も引き受けるポルトガルの企業 ポリスポーツ(Polispor…
  2. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  3. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  4. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
ページ上部へ戻る