[HONDA]MotoGP Rd.2 フリー走行 マルケスが首位、ペドロサが2番手。Repsol Honda Teamが好調なスタート

160404_02

■2016年4月1日(金)・フリー走行
■会場:アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンド
■天候:晴れ
■気温:35℃
■コースコンディション:ドライ

第2戦アルゼンチンGPが、4月1日(金)に、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで開幕しました。開幕の前日は青空が広がり、最高気温は32℃を記録。開幕初日はさらに気温が上がり35℃という猛暑となりました。加えて、湿度も高く、選手にもマシンにも厳しい条件の一日となりました。

今年で3年目を迎えるアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドは、使用頻度が少ないため、セッションをこなすごとに路面のグリップが上がり、トップタイムが大きく更新されやすいのが特徴となっています。昨年の大会でも、初日のフリー走行から決勝までの間に、トップタイムが約3秒更新されました。今年は、気温も路面気温も高く、タイヤに厳しい条件となり、さらにバンピーな部分が増えたことで、全体的に昨年のタイムに比べて、2秒ほど遅いタイムとなりました。

その厳しい条件の中で、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、気温が26℃の1回目のセッションで2番手、35℃の猛暑となった2回目のセッションでは、トップタイムをマークしました。3年連続となるポールポジションの獲得に向けて、大きく前進しました。マルケスに続いたのが、チームメートのダニ・ペドロサで、マルケスから0.025秒差の2番手。Repsol Honda Teamとしては今季初の1-2スタートとなりました。

ペドロサは、昨年の大会、右腕の手術のため欠場しています。今年は2年ぶりのアルゼンチンGP出場となりますが、初開催となった2014年は、マルケスに続いて2位でフィニッシュ。今年は、2年ぶりのRepsol Honda Teamの1-2フィニッシュが期待されます。

以下、ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が4番手、カル・クラッチロー(LCR Honda)が5番手と続き、“HondaRC213V”がトップ5に4台入るという、すばらしいスタートとなりました。ルーキーのティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は18番手でしたが、フィーリングはよく、2日目のタイムの短縮とポジションアップが期待されます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る