ドゥカティ「959パニガーレ」「モンスター1200R」国内プレス向け試乗会速報

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160401_50

最新のドゥカティこそ最良のドゥカティ

「最新のドゥカティこそ最良のドゥカティ」。現在に続くスーパーバイクファミリーの始祖となった歴史的名車の誉れ高い「916」シリーズを設計した、天才デザイナー、マッシモ・タンブリーニが残した名言だ。

一昨年、惜しくも亡くなったが、元々ビモータの創設者でもある彼はその後、MVアグスタでF4の設計を手掛けるなど、常に斬新な発想で新しいメカニズムと芸術性を融合した作品をモーターサイクルという形で表現していった。

今回、ドゥカティの国内向けプレス試乗会で対面したのはその子孫たち。主役は2台の最新モデル、「959パニガーレ」と「モンスター1200R」である。

モンスター1200R:凄まじい加速感とコワさを感じない安定感

モンスターから試乗したが、そのマッシブな外観からは想像できないほど、あまりの乗りやすさに仰天した。排気量1200ccのテスタストレッタ11° DS Lツインはサーキット向けにチューニングされた「R」スペックで、最高出力で10%上乗せされたフルパワー160ps仕様(国内表記では150ps)。今シーズンから欧州でユーロ4適用されたことにより、元々の基準が厳しかった国内仕様との差がなくなり、ほとんど手を加えることなく国内投入できるためだ。

160401_51

スロットルに対するリニアリティが素晴らしく、右手の動きに応じて分厚いトルクが淀みなく流れるように出てくる。最もアグレッシブな「スポーツ」モードだと、コーナー立ち上がりで車体がまだ斜めのままフロントが浮いてくる。

でも車体の挙動は安定していて、コワさを感じないのが不思議。しばらくして凄まじい加速感に慣れてくると、視界の片隅でトラコンのインジケーターが点滅しているのに気付いた。マシンが助けてくれていたのだ。

959パニガーレ:鋭さを持った走り。筋金入りのサラブレッド

一方、959パニガーレの繊細でエレガントな立ち姿はサラブレッドを思わせる。速く走ることだけを追求し続けてきた血統であり、世代を重ねてそれは芸術の域に達していると思えるほどだ。走りも筋金入り。進化したLツイン・スーパークアドロエンジンの緻密さはそのままに、排気量をストロークアップによって稼ぐことで中速トルクを立ち上げている。

ピーク157ps(国内表記147ps)を1万回転超で発揮する高回転型には違いないが、多くのライダーにとってはもっと下の常用域のメリットが大きいと思う。

ハンドリングの切れ味もパニガーレならでは。倒し込みの鋭さとそこでの向き変えの早さは他に類を見ないもので、先に乗ったモンスターRが大らかに思えるほど。剛性感の塊のようなシャーシと高荷重設定のサスペンションはペースを上げるほどに馴染んでくる。

160401_52

そこまでの高みに自分を持っていくのが大変だが、パニガーレはそれを求めてくるチャレンジングな乗り物ということだ。

今回の試乗はすべてサーキットだったので、一般公道でのインプレを語ることはできないのだが、やはりこの2台はサーキットでこそ輝くモデルだと思う。そして、最もドゥカティらしさを体現している。タンブリーニの金言を借りるまでもなく、それを全身で感じられたのだ。

「959パニガーレ」と「モンスター1200R」の詳しいインプレッションは後日掲載いたしますのでお楽しみに。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 20170227_pol25
    オフロードバイクメーカーの外装生産も引き受けるポルトガルの企業 ポリスポーツ(Polispor…
  2. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  3. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  4. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
ページ上部へ戻る