4月から開始となったETC2.0サービス。その内容と、二輪車ユーザーにとっての恩恵は?

【Webikeニュース編集部】

160401_14

新世代の交通システム「ETC2.0」とは?

現在導入が進められている「ETC2.0」は、現在のETCシステムが担う高速道路利用料金収受だけではなく、渋滞回避や安全運転支援などドライバーに有益な情報の提供を目的としたバージョンアップサービスだ。

さらに今後、街中での駐車場料金支払いや車両の入庫管理といった多目的利用が推進されており、将来的に新しいサービス展開の可能性を持っているため、ETC2.0に対応した車載器の導入が進められている。旧型のETC車載器ではそのサービスに対応していないからだ。

二輪ユーザーには果たしてどれだけ恩恵があるのか、そもそも「ETC2.0」とはどのようなサービスなのか。
ここでは【ETC2.0の仕組み】【ETC2.0の具体的なサービス】【サービスを受けるために必要なもの】【ETC2.0関連の割引情報】をまとめている。

端的に言うと、現在ではETC2.0に対応するETC機器と、対応のカーナビゲーションが設置できれば、渋滞回避や運転支援の恩恵をうけることができる。

ただ、今後、ETC2.0の車載器を搭載していると高速料金が割引となるサービスが拡大されていくため、利用料金という意味では、バイクにもETC2.0車載器を取り付けるメリットが出てくるだろう。
ETC車載器を製造するミツバサンコーワからもバイク用の2.0対応車載器を2016年の夏頃に発売すると発表があったばかりだ。

【関連ニュース】
◆【新製品】ミツバサンコーワ、ETC2.0対応バイク用車載器を開発

「ETC車載器購入助成キャンペーン」と「2.0車載器」発売の時期が問題

2.0対応の車載器発売が発表されたいっぽうでは、「ETC車載器購入助成キャンペーン」が4月下旬から開始されると発表されている。車載器は夏頃の発売となっているため、微妙に足並みが揃わない形だ。

助成の終了期間は今のところ発表されていないが、「 先着50,000台限定」ということで、すぐに終了とはならないと想像できるが、進捗によってどうなるかは分からない状況だ。2.0車載器が受ける高速利用料金の割引エリアにメリットを感じるユーザーにとっては、今後キャンペーンの状況もしっかりと見ていく必要があるだろう。

【関連ニュース】
NEXCO、「二輪車ETC車載器購入助成キャンペーン」を4月下旬から開始予定

ETC2.0の仕組み

ETC2.0サービスが行われる場所は「ITSスポット」と呼ばれる。言わば通信アンテナが設置されている場所だ。ITSスポットと対応車載器との間では、これまでにない高速・大容量通信が可能となるため、広範囲の渋滞・規制情報の提供や安全運転支援など様々なサービスが受けられるというわけだ。その情報には、画像などのデータ送受信にも対応しているため、より現実に即した路面状況や、注意喚起をはかることができる。

ITSスポットは既に、全国の高速道路上で約1,600箇所に設置が完了されており、今後も新しく開通する高速道路・有料道路にも設置される。

ETC2.0の具体的なサービスとは?

【情報提供サービス】

■安全運転支援
160401_01
今走っている道路の合流地点情報や出口情報など、タイムリーに知ることが可能。
落下物や合流注意地点、先の見えない急カーブなどを事前に図形と音声で注意喚起する。
ドライブ中の”ヒヤリ”をなくす大きな一助となる。

160401_0203

 
■渋滞回避支援
160401_05
これまでは隣県の道路交通情報が受信できなかったため、交通状況を考慮した最適なルートを選択するのは困難だったが、ETC2.0では、最大1,000km分の道路交通情報が提供されるため、郊外から首都圏に入る時点で、首都圏全体の所要時間を受信できるため、ETC2.0対応ナビゲーションが最適ルートを選択できるようになった。

例として、箱根から埼玉の自宅に帰る場合、神奈川~東京~埼玉の道路状況が分かり、都内の渋滞を回避出来る。

160401_04

 
■災害時支援
例えば高速道路を通行中に地震が起きた場合、災害発生状況と併せて、支援情報を提供する。

160401_06

例えば音声案内にて「後方を確認しハザードランプをつけ、ゆっくり左側に停車」するよう呼びかけてくれる。
これにより、予測のつかない災害時も落ち着いた行動がとれるようになることが期待されている。

160401_07

 

【一定速度で通過できる新設計料金所】

160401_08
現在のETCレーンにはゲートバーが設置されており、また時速20km以下という制限もかかっている状況だ。それらを解消するような新設計料金所の設置も計画されている。

 

【広がる民間サービスの可能性】

有料道路の料金支払いだけでなく、街中での駐車場料金支払いや車両の入庫の管理などにETCの多目的利用が推進されているため、将来的に新しいサービス展開の可能性を持っている。

160401_09

他にもドライブスルーやガソリンスタンドでの自動車料金決済など、より便利で快適な新たなサービスが検討されている。

160401_10

 

ETC2.0サービスを受けるために必要なもの

サービスを受けるにあたり通信料は無料となっているが、運転者がサービスを受けるためにはETC2.0対応車載器を購入、取り付けを行わなければならない。

車載器のタイプは三種類。クルマの場合、「カーナビゲーション連動型」を利用できるが、バイクでの利用は「発話型ETC2.0対応車載器」「スマートフォン連動型ETC2.0対応車載器」に限られるだろう。
バイク用のETC2.0車載器は2016年の夏頃の発売を目指してミツバサンコーワが開発を進めている。他のメーカーでも順次開発されていくと思われる。

【関連ニュース】
◆【新製品】ミツバサンコーワ、ETC2.0対応バイク用車載器を開発

 

発話型ETC2.0対応車載器

160401_11

カーナビゲーションでの画像表示はないが、音声で情報を受けることができる。また、将来的にはICクレジットカードを用いた決済が可能な機器も予定されている。

 

スマートフォン連動型ETC2.0対応車載器

160401_12

このタイプの車載器にETC2.0対応アプリをインストールしたスマートフォンを接続すれば、カーナビゲーション連動型ETC2.0対応車載器同様に、接続したスマートフォンで音声や画像を再生/表示することができる。

 

実施されているETC2.0割引

160401_jyosei

首都圏では、圏央道(新湘南バイパスを含む)の環状道路としての機能を有効利用させるため、平成28年4月1日(金)0時から、ETC2.0車を対象とした新たな割引が実施されている。

割引の対象区間

圏央道(茅ヶ崎JCT~海老名JCT、海老名~木更津JCT)、新湘南バイパス(藤沢~茅ヶ崎JCT)

割引の適用要件

ETC2.0車載器セットアップ車で、ETCが整備されている入口インターチェンジ及び出口インターチェンジをETC無線通信により走行する。

なお、走行距離や割引適用回数の制限はない。

割引後料金

高速自動車国道の普通区間の料金水準(例えば普通車の場合は24.6円/km)の料金に割引される。

【参考資料】H28.4.1からの新たな料金表(圏央道)
圏央道(海老名~境古河)の主要IC間
圏央道(つくば中央~下総)
圏央道(松尾横芝~木更津東)

また、NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)から、二輪車を対象とした「二輪車ETC車載器購入助成キャンペーン」の予定が発表されている。

キャンペーンは、二輪車ETC車載器購入・セットアップにあたり助成金として1台あたり15,000円が支給となる。対象は先着5万台で4月下旬に開始となる予定。
詳細な情報は後日公開するとしている。

この助成によって車載器本体金額の半分以上をカバーするものとなっており、セットアップ、取り付け工賃を考えても通常の半額から半額以下でETCを取り付けることができる。

▼詳細はこちら

【関連ニュース】
NEXCO、「二輪車ETC車載器購入助成キャンペーン」を4月下旬から開始予定

今後、様々な形でサービスの展開が検討されているETC2.0。バイク用の車載器は夏まで待たねばならず、ユーザーにとっては助成の兼ね合いもあり、悩ましい問題だ。キャンペーンや割引の展開によって、自分に合った選択をするべきだろう。

そして、車だけでなくバイクにも恩恵があるサービスへと発展していくことを願いたい。

【情報提供元】
ETC総合情報ポータルサイト
国土交通省
ドラぷら

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る