NEXCO、1兆円規模の「高速道路リニューアルプロジェクト」を2016年度より本格的に着手

160331_130

NEXCOは、2012年11月から検討を進めていた大規模更新・修繕事業である「高速道路リニューアルプロジェクト」において、2016年度より本格的に工事着手することを発表した。

NEXCO 3会社が管理する高速道路は、1963年の名神高速道路・栗東~尼崎間の開通から50年を経た現在、延長約9,000kmに達し、そのうち、供用から30年以上経過した延長が約4割(約3,700km)を占めるなど、老朽化が進展しており、変状の増加や新たな変状が発生している。

今回着手されることとなった「高速道路リニューアルプロジェクト」は、2015年3月25日付で国土交通大臣から道路整備特別措置法に基づく許可を受け、2015年度から15年間で約1兆円規模の事業が実施されることとなっている。

高速道路リニューアルプロジェクト(大規模更新・修繕事業)

160331_121

高速道路ネットワークの機能を永続的に活用していくことを目指し、高速道路本体の構造物に関する大規模更新、大規模修繕の必要性やその対策について「高速道路資産の長期保全及び更新のあり方に関する技術検討委員会」を2012年11月に設置し、検討を進めてきました。

高速道路リニューアルプロジェクトとは、高速道路の本体構造物のライフサイクルコスト(役目を終えるまでにかかる全ての費用)の最小化、予防保全(故障や不具合が生じる前に行う保全方法)および性能向上の観点から、必要かつ効果的な対策を講じることにより、高速道路ネットワーク機能を長期にわたって健全に保つために行うものです。

■大規模更新
高速道路の本体構造物を最新の技術で再施工することにより、現在の新設構造物と同等またはそれ以上の性能を確保し、機能維持と性能強化を図ります。

■大規模修繕
高速道路の本体構造物を最新の技術で補修・補強することにより、建設当初と同等またはそれ以上の性能・機能を回復するとともに、長寿命化を図ります。

160331_132160331_133

 

NEXCO中日本が管理する高速道路の現状

NEXCO中日本は、東名高速道路、中央自動車道などの高速道路約2,000kmを管理しています。名神高速道路は全線開通から50年以上が経ち、供用から30年以上を経過した道路が約6割を占めるなど、老朽化が進展しています。これからも暮らしや経済を支える大動脈としての役割を果たしていくために、早期に大規模更新・修繕事業に取り組んでいく必要があります。

160331_123-vert

>>「高速道路リニューアルプロジェクト」

 

高速道路リニューアルプロジェクト 大規模更新・大規模修繕事業を2016年度より本格的に着手します

中日本高速道路株式会社は、日本の産業・経済に不可欠な存在である高速道路ネットワークの機能を長期に渡って健全に保つため、2016年度より「高速道路リニューアルプロジェクト」に本格的に工事着手します。工事箇所では、老朽化した鉄筋コンクリート床版を、より耐久性の高い床版へ取り替えるなど、長期間に渡る交通規制などをおこなって、大規模な工事を実施させていただきます。そのため、工事期間中は高速道路をご利用のお客さまおよび沿道の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

■2016年度に実施する高速道路リニューアルプロジェクト
160331_125

■事業呼称とロゴについて
160331_126

この度、2015年3月25日付けで国土交通大臣から、道路整備特別措置法に基づく事業の許可を受けた更新事業を、お客さまに幅広く知っていただけるようにNEXCO3会社等で共通する事業呼称を「高速道路リニューアルプロジェクト 大規模更新・修繕事業」とし、ロゴマークを定めました。今後は、事業理解をいただくためのポスターやリーフレット等に使用していきます。

■参考資料
>>高速道路リニューアルプロジェクトの目的
>>2016年度に実施を予定している高速道路リニューアルプロジェクト

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO 中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る