[HONDA]MXGP Rd.3 レース1でガイザーが優勝、バブリシェフが4位。ともにレース2でも入賞し、ランキング上位につける

160330_118

オランダのファルケンスワードで開催された第3戦ヨーロッパで、ティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)は開幕から3戦連続のポディアム登壇を果たしました。Team HRCのイブジェニー・バブリシェフは、ヨーロッパGPで一貫した粘り強さを発揮し、2レース制の決勝で4位/6位に入賞。総合成績6位となりましたが、目論んでいた結果には足りないものでした。

160330_119

ガイザーは、レース1で深いワダチだらけになった路面状況にもかかわらず、次前テストで投入したエンジンのアップグレードの性能をフルに発揮させ、ホールショットからチェッカーまで独走。レース2でもオープニングラップの半ばまでリードし、同様に独走劇を演じるかと思われましたが、エンジンストールとミステイクの積み重ねによって叶わぬものとなりました。結果、レース2では8位となりましたが、レース1との総合では3位となり、見事、表彰台登壇となりました。

160330_120

バブリシェフも2日間を通じてCRF450RWを駆るペースは力強く、土曜の夜にマシンに施されたセッティング変更によって、コースに対する自信も高まっていました。しかし、今大会はコースコンディションがカギとなりました。先週ファルケンスワードに降った雨量に加えて、当日の朝に訪れた豪雨によって、コースは深いワダチだらけになり、想像を絶する難易度となっていました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る