[BRIDGESTONE]2016年ブリヂストンモータースポーツ活動計画を発表

160329_119

ブリヂストンは、2016年のモータースポーツ活動計画を2016年3月17日に発表した。
2016年も参加型モータースポーツからトップカテゴリーレースまで、多くのチーム・ドライバー・ライダーを支援していくとともに、2輪レースには主にBATTLAX RACING TIREを供給し、チーム・ドライバー・ライダーと共に勝利を目指していくこととしている。

2016年ブリヂストンモータースポーツ活動計画

当社は、国内外で様々なスポーツイベントを通じたブランディング、マーケティング強化を図っており、その中でモータースポーツはタイヤビジネスに直接関わる重要なコミュニケーションプラットフォームとして位置付けています。モータースポーツ活動を通じて「より良いタイヤづくり」を追求し、カーメーカー・バイクメーカーの方々と共に「楽しいクルマ・バイク社会づくり」に取り組んでいきます。

こうした考えのもと、日本国内においてはタイヤ開発力強化を進めるべく、厳しい競争下で行われる4輪レースのSUPER GT、2輪レースの鈴鹿8時間耐久ロードレース、全日本ロードレースといったトップカテゴリーレースを中心に力を注いでいきます。また、「クルマ好きを増やす活動」としてTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race、ロードスター・パーティレースⅢ、ジムカーナをはじめとした参加型モータースポーツを通じて「走る楽しさ」を提供していきます。海外においては、20万人以上の観客を集める参加型モータースポーツのニュルブルクリンク24時間レースに参戦する車両にタイヤを供給し、開催地ではお客様との新たなコミュニケーション施策を展開する予定です。また、米国ではIndyCarシリーズへFirestoneブランドでのタイヤ供給を引き続き行います。本年はIndy 500開催100回目の節目の年であり、Firestoneのブランド力を一層高める活動を行っていきます。

4輪レースは主にPOTENZA RACING TIREを、2輪レースには主にBATTLAX RACING TIREを供給し、チーム・ドライバー・ライダーと共に勝利を目指していきます。また、4輪レースの参加型モータースポーツにはPOTENZA RE-71Rなどを供給します。

クルマ・バイクの楽しさを多くの方にお伝えするために、サーキット内外でのイベント開催やWeb等での情報発信を推進していきます。

【2輪レース】

1. MFJ全日本ロードレース選手権

160329_118

→全文を読む

情報提供元 [ BRIDGESTONE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る