NEXCO、中央自動車道の右側付加車線方式を3月28日より開始

160328_139

NEXCOは、中央自動車道 多治見インターチェンジ(IC)から小牧東IC間の下り線の登り坂区間で、右側付加車線方式へ変更するための切り替え工事をおこなっていたが、中央自動車道の右側付加車線方式を2016年3月28日より開始することを2016年3月25日に発表した。

中央自動車道の右側付加車線方式を3月28日より開始します ~多治見ICから小牧東IC間で安全(事故)対策として、登坂車線を右側付加車線方式に試行~

運用開始日
2016年3月28日(月)
※交通規制を開放し次第、運用を開始します
※天候により遅延することがあります

右側付加車線方式への変更区間
中央道(下り線)多治見ICから小牧東IC間の登坂車線区間約3.7km
160328_138

事業概要
従来の登坂車線方式は、速度があまりでない大型車などが走行車線の左側に設けた登坂車線に移行し、坂を登り切ったところで再度走行車線に復帰する構造であり、低速車に待避していただくことで、交通流をさまたげない効果を期待するものです。今回試行する右側付加車線方式は、比較的速度に自由度のある車両が第二走行車線の右側に設ける追越車線を利用して自ら追い抜く方式であり、低速車の待避や合流をなくすことで、安全性の向上を目指すものです。

160328_139

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲CB400 SUPER BOL D'OR アトモスフィアブルーメタリック CB400SBには…
  2. ▲NC750X DCT キャンディークロモスフィアレッド 実用的かつ操作性に優れたスポーツ・グ…
  3. 都会的なイメージの「ソードシルバーメタリック」が登場 Hondaは、軽量かつコンパクトな車…
  4. ▲CRF1000L Africa Twin DCT グリントウェーブブルーメタリック Ho…
ページ上部へ戻る