NEXCO、【北陸版】ゴールデンウィーク期間の高速道路における渋滞予測を発表

151127_141

NEXCOは、ゴールデンウィーク期間[2016年4月28日(木)~5月8日(日)の11日間]の高速道路での交通集中による渋滞発生の傾向と、10km以上の渋滞が予測される場所や通過所要時間などをまとめ、2016年3月25日に発表した。

上下線ともに、5月3日・4日・5日の3連休に渋滞が特に多く発生すると予測され、渋滞予測内容をもとに出発の時間帯をずらすなど、渋滞を避けた利用を呼びかけている。

ゴールデンウィーク期間の北陸地方における高速道路の渋滞予測【北陸版】

ゴールデンウィーク期間[2016年4月28日(木)~5月8日(日)の11日間]の北陸地方における高速道路(北陸道:木之本IC~朝日IC、東海北陸道:白川郷IC~小矢部砺波JCT、舞鶴若狭道:小浜IC~敦賀JCT)の渋滞予測についてとりまとめました。

概要

北陸地方(金沢支社管内)においては、5月3日(火)~5月5日(木)の交通量が多くなると予測されます。また、5km以上の渋滞は7回予測され、日時、場所などは下表のとおりとなります。

・3月17日に山陽自動車道の八本松トンネル内で渋滞末尾に後続車両が追突する重大事故が発生しました。トンネル内や本線での渋滞末尾で停止・減速する際はハザードランプを点灯して後続車に合図をお願いします。
・事故や故障などにより高速道路上で停止した場合は、三角停止板など設置して後続車に知らせるとともに、トンネル内で停車する場合は非常駐車帯や避難・通路に、本線で停車する場合はガードレールの外など安全な場所に避難してください。
・長時間、長距離を運転する際や眠気を感じた場合は、早めの休憩をとり、安全運転をお願いします。

予測される5km以上の渋滞
160328_131

渋滞発生が予測される箇所および混雑が予測される休憩施設 位置図
160328_132
IC:インターチェンジ PA:パーキングエリア SA:サービスエリア JCT:ジャンクション TN:トンネル

160328_133
160328_134
160328_135

2015年3月1日から北陸道の高岡砺波スマートICおよび東海北陸道の南砺スマートICが供用を開始しておりますので、ぜひお出かけ・ご旅行の際にご利用ください。なお、スマートICはETC専用の出入口ですが、通常のICのETCレーンと異なり、ノンストップでの通行はできません。スマートICご利用の際はETCカードのご確認とゲート前では十分減速いただき、一旦停止をお願いいたします。

参考資料
>>混雑対策の取り組み

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
  3. ユーザー:ninariさん 車種名:KAWASAKI エストレヤ 今回は、…
  4. Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介! 今…
ページ上部へ戻る