[MFJ]勝負のシーズンにしたい関口太郎

160328_124

3年目を迎えるMISTRESA with HARC-PRO.

2016年シーズンで結成3年目を迎えるMISTRESA with HARC-PRO.。初年度は、小林龍太がST600チャンピオンを獲得、2年目の昨年は、関口太郎とコラボレートする形でJ-GP2クラスに参戦。今シーズンも関口と赤間清の2台体制でJ-GP2クラスにフルエントリーする。

「今年も同じ体制でJ-GP2クラスに参戦できることを昭和電機さん、HARC-PRO.さんを始め多くの協力してくれている皆さんに感謝したいです。ここ数年、いいことも悪いことも、いろいろ経験してきました。その中でも、今シーズンは、勝負できるパッケージがそろってきていると思います。チャンピオンを狙う年と位置付け、緒戦の筑波からいい結果を残して行きたいと思っています」と関口。

世界から全日本に戻ってからは、自らチームを率いて走ってきた関口。ここ数年は、毎年パッケージが変わっていたが、今年は、久しぶりに同じ体制で臨めるだけに、昨年足りなかった部分を補い、勝負できる状態になってきていると言う。

セカンドライダーの赤間も「今年は、全サーキットで昨年の自分のタイムを超えることが目標ですし、関口選手という世界で活躍した経験を持つライダーが近くにいて、アドバイスももらえているので、速く走れる気がしています。とにかく精一杯走るだけです」とコメント。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る