[HONDA]MotoGP 2016 現場レポート Vol.146

160328_118

開幕戦カタールでマルケスが表彰台を獲得、ペドロサは5位

2年ぶりのタイトル奪還に燃えるRepsol Honda Teamにとって、2016年シーズンのスタートは、決して順調なものではありませんでした。2月上旬、今季初テストとなったマレーシア・セパンでは、マルク・マルケス選手とダニ・ペドロサ選手ともに、マシンのセットアップが進まず、ライバルに遅れを取りました。トップタイムを競った15年シーズンのスタートが嘘のような低迷。その理由は、今年から全車に搭載された共通エンジン・コントロール・ユニット(ECU)と、2016年型RC213Vの調整がうまく進まなかったからでした。そのため、エンジンのパフォーマンスを引き出せず、その対策に追われることになりました。

その後、テストの舞台はオーストラリア・フィリップアイランドへ。マレーシアテストのデータを基に、オーストラリアテストに向けて必死の調整が続けられました。それが功を奏して、中高速コーナーが続く高速サーキットのフィリップアイランドでは、Hondaパワーを徐々に引き出すことに成功。マルケスがトップタイムを争うなど、やっと本来の調子を取り戻してきたことを感じさせました。

しかし、開幕戦の舞台となるカタール・ロサイルにて行われた最終テストでは、再び苦戦の連続。路面コンディションがどんどん変化していくロサイル特有の路面が、Repsol Honda Teamの両ライダーを苦しめることになりました。最終的に、なんとか戦える状態に持っていくも、ウインターテストでは一度もトップタイムを獲ることができないという、これまで経験したことのない厳しいものとなりました。

最終調整の場となったカタールテストから2週間のインターバル。本番を迎えたRepsol Honda Teamは、フリー走行ではトライ&エラーの繰り返しとなりますが、予選ではマルケスがポールポジション争い、そして決勝では優勝争いに加わりました。新レギュレーションの実施で、思わぬ足踏みを経験することになったRepsol Honda Teamですが、2年ぶりのタイトル奪還に向けて大きな一歩を踏み出すことに成功しました。その舞台裏をHRCチーム代表のリビオ・スッポに語ってもらいました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る