[HONDA]WCT Rd.4 トニー・ボウ、前人未到のインドア世界選手権10連覇

160328_20

■2016年3月25日(金)・決勝
■会場:マルセイユ

全4戦のシリーズとなった2016年のXトライアル。最終戦は南フランスの港町・マルセイユで開催されました。最終戦で2位以上を獲得すれば、タイトルが決定するトニー・ボウ(Repsol Honda Team)でしたが、最終戦でも全力を出し、優勝を決めました。ファイナルでただ一人、オールクリーンというパフォーマンスを見せ、ほかの3人を圧倒。10回目のタイトル獲得劇に華を添えています。

それでもこの日のボウは、すべてが順調というわけではありませんでした。最初のスピードレースで、ボウはアダム・ラガ(TRS)に敗れ、ラガに先立ってトライをしなければいけなくなりました。そして第2セクション。ここはジェロニ・ファハルド(ヴァーティゴ)も5点となった難セクションですが、ここでなんとボウまでも5点減点を喫します。この結果、5セクションで競われたクオリファイのトップはアルベルト・カベスタニー(シェルコ)で2点、2位はラガの4点、5点減点にとどめたボウは3位でファイナルに進出することになりました。

クオリファイでは、藤波貴久がファハルドを1点差で破り、最終戦にしてようやく一矢報いることができました。ここまで2戦続けて、ファハルドには1点差でファイナル進出の道を断たれていたため、ようやく藤波が実力に見合う結果を出し始めた、というところです。

そしてファイナル。これに先立ち、トライ順を決めるスピードレースが行なわれます。クオリファイ3位のボウは、4位の藤波に勝利。2位のラガ、トップのカベスタニーにも立て続けに勝利し、いつもの指定席である、最後にセクショントライをする権利を掴みました。そこからは、ボウの独擅場です。第1セクション、藤波が2点、ラガが3点、カベスタニーが1点と減点する中、ボウはクリーン。これがボウの勢いを加速させ、流れを決定づけました。

5セクションで争われたファイナルの結果、藤波は5点減点が3つで18点となりました。続けてラガが4点、そしてカベスタニーが3点。この2人の勝負は、2戦続けてカベスタニーが2位を獲得するという結末となりました。

王者ボウは、5つのセクションをすべてクリーンし、文句なしの栄冠に輝きました。2016年もまた、ボウの前に敵はなし。2007年からの10年間、ボウとRepsol Honda TeamはXトライアルでの勝利を独占。大記録を達成したマルセイユの夜でした。

今回は、Repsol Honda Teamの若手であるハイメ・ブストも参加しました。ブストは今シーズン2回目の参加ですが、今回も8位となりました。若いブストは、まだまだ修業中といったところです。

Repsol Honda Teamの次なる戦いは、4月9日、10日のFIMアウトドア・トライアル開幕戦。ゼッケン1番のボウ、ゼッケン5番藤波、そしてゼッケン6番のブスト。3人の戦いにどうぞご注目ください。アウトドア開幕戦は、スペインのバルセロナで開催されます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ヤマハ TZR250R(※イメージ画像) 2スト車を中心に計5台の絶版車をラインナップ 東…
  2. エビスサーキットとナップスは、ライダーを対象とした福島復興支援イベント「福島モトフェス」を9…
  3. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
  4. スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変…
ページ上部へ戻る