ヤマハ、インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を5年連続受賞

160328_113

ヤマハ発動機は、インドの子会社であるIndia Yamaha Motor Private Limitedが生産・販売するファミリー向けモーターサイクル「Saluto(サルート)」とファッションスクーター「Fascino(ファッシーノ)」が、インドデザインカウンシル主催の「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞したことを2016年3月28日に発表した。

同社製品の同賞の受賞は、第1回目の2012年から5年連続となり、5年目となる2016年は、総応募数220件の中から、125ccエンジン搭載のモーターサイクル「Saluto」と、115ccエンジンを搭載したスクーター「Fascino」を含め59点が受賞した。

2012年の創設から5年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞

「Saluto」は、低燃費と日常用途での使い勝手、スタイリッシュなデザインを兼ね備えたファミリー向けモデルとして開発したモーターサイクルです。普段から家族を乗せることが多いインドのお客さまのために、快適性にこだわったセッティングとし、デザインは樹脂製タンクカバーなどにより躍動的なスタイルとしました。

「Fascino」は、ファッションやトレンドに敏感な若者向けに開発したインド初のファッションスクーターで、居住性や収納力といった実用機能に加え、高燃焼効率エンジンによるトップクラスの燃費性能や扱い易さに貢献する軽量ボディなどが特徴です。また、外観は造形だけでなく、発色の良いカラーリング、クロームメッキ塗装部品による高級感のあるデザインが好評を得ています。

インドデザインカウンシルはインド商務産業省の関係機関で、公益財団法人日本デザイン振興会との連携協定により、日本の“グッドデザイン賞(Gマーク)”に準じたデザイン賞「インディアデザインマーク」を創設、2012年に第1回目の公募・審査が行われています。5年目となる2016年は、総応募数220件の中から、「Saluto」、「Fascino」を含め59点が受賞しました。

モーターサイクル Saluto

160328_114

経済的で実用性の高いファミリー向けモーターサイクル。インドでは親子や夫婦で二人乗りすることが多いため、ダイヤモンドフレームの軽量ボディに、クラストップの低燃費と力強い中低速性能を備えた新開発125ccエンジン、快適性に優れたサスペンション、シートなどを搭載。流れるような曲線のシャープなスタイリングにまとめ上げた。

コミュータービークル Fascino

160328_115

トレンドに敏感なインドの女性向けに開発したスクーター。イタリア語で「魅惑」を意味するネーミングのとおり、グラマラスで躍動感のあるスタイリング、艶やかな塗装と曲面を生かした上品なデザインが特長。軽量ボディに扱いやすい機能を織り込み、走りの楽しさと燃費・環境性能に優れた115ccエンジンを搭載している。

[ヤマハ発動機 デザインアワードサイト]
http://global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/design/awards/

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
  2. 第2戦 ツインリンクもてぎ大会の冠協賛が決定 6月2日(土)・3(日)にツインリンクもてぎ…
  3. カワサキは、「カワサキショールーム」をマーチエキュート神田万世橋に期間限定でオープンした。 …
  4. MVアグスタは、群馬県太田市のディーラー「M.C.ファクトリー フクシ」にて1月27日(土)…
ページ上部へ戻る