話題の「HEADWAVE TAG」ヘルメット用スピーカー/次世代音響システム Webikeで取り扱い開始!

hwt03-20160328

ヘルメット自体を音響システムにしてしまうという「HEADWAVE TAG」が、Webikeショッピングで取扱が開始となった。
取扱いブランドは正規ディーラーの「GROMパーツUSA」で、税込みで42,984円から。製品には日本語の説明書が付属する。

◆Webikeショッピング:次世代音響システム HEADWAVE TAG 商品ページ

全く新しい発想のヘルメット音響システム

hwt04-20160328

「HEADWAVE TAG」は両面テープでヘルメットの後頭部外側に貼りつける、全く新しいヘルメット用のスピーカーで、ヘルメット自体を音響システムにしてしまうという発想のもと制作されている。開発/製造ともにドイツで行われており、防水・防塵で衝撃にも強い構造を採用している。

音響システムという都合上、音質面を追求するとフルフェイスヘルメットでの使用が望ましいとされている。どこで音がなっているのかわからないほど、ヘルメット全体が音響設備になり、低音もしっかりと出ているという。

hwt01-20160328

【関連ニュース】
◆【新製品】ヘルメット自体が音響システムになる「HeadwaveTAG」が登場!

製品説明

◆特徴◆
・音が良い:どこで音がなっているのかわからない位ヘルメット全体が音響設備になる。低音もしっかり出る。

・取り付けもカンタン:付属の両面テープ(2枚付属)でヘルメットの後頭部に貼るだけ。

・使い方もカンタン:ブルートゥースでカンタン接続。コード無し。付属の専用コードでUSB充電2時間でフルに。連続再生時間は約6時間。本体側には電源ボタンのみ。

・タフ:踏んでも壊れない。防水/防塵なので雨も平気。

・親切:日本語説明書付き

hwt07-20160328hwt05-20160328hwt06-20160328
◆Webikeショッピング:次世代音響システム HEADWAVE TAG 商品ページ

情報提供元 [ Webikeショッピング ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲モンスター30号車 伝説のマシンが展示 2019年4月28日(日)、埼玉県本庄サーキッ…
  2. ハーレーダビッドソンは、東日本大震災から2019年2月に復旧した宮城県・山元町農産物直売所「…
  3. ソエタ 二輪館郡山店は、二輪&四輪の合同試乗会「TEST RIDE 2019」を5月26日(…
  4. 鈴鹿サーキットは、4月20日(土)・21日(日)に開催する「2019 NGKスパークプラグ …
ページ上部へ戻る