[新製品]ホンダ4Lモンキーのレストア本が発売 全168ページに渡る手順解説

160328_02

趣味に生きる人のための出版社スタジオタッククリエイティブは、2016年3月25日に「4Lモンキー復活術」を発行した。

1974年に発売された初代Z50Jモンキーは、その特徴的なタンクの容量から「4L(リッター)モンキー」と呼ばれている車種。本書では、現在でも根強い人気を持つ4Lモンキーを徹底的に分解、修理して綺麗に組み直す工程が全168ページに渡り手順を追って詳しく解説されている。

4Lモンキーは、後の5Lタンクモンキーとの共通部分がある一方、独特な構造を持つ部分も持ち合わせている。数多くのカスタムパーツがリリースされている一方で、決して資料が多くない4Lモンキー。修理に困っているのなら、手助けになること間違いなしだ。

「4Lモンキー復活術」は全国の書店、大型バイクパーツショップなどで購入可能。価格3800円(税別)。

「4Lモンキー復活術」内容抜粋

160328_03
▲エンジンの分解
各部が社外品に変わっている車体だけに、イレギュラーな自体が起こることが予想される
160328_04
▲外装等の塗装
凹んだガソリンタンクを始めとした外装パーツや、フレーム、足周りパーツを塗装していく
160328_05
▲全体の組み立て
スピードメーター、ヘッドライトの組み立てや、エンジンの配置の仕方など、丁寧に解説
160328_06
▲完成した姿の確認
求められる技術レベルはそう高くないので、趣味として大いに楽しめる構成だ

CONTENTNS

■レストア車両をチェックする
■用意すべき工具とケミカル
■4Lモンキーレストアの実践
■完成した姿を確認する

商品情報

■ISBN4-88393-739-4
■257×182mm
■168ページ
■本体価格3800円(税別)

→全文を読む

情報提供元 [ STUDIO TAC CREATIVE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  2. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
  3. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  4. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
ページ上部へ戻る