【ケニー佐川 コラム】東京モーターサイクルショー 今年のトレンドは「アドベンチャー」「ネオレトロ」「スモール」だ!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160325_05

東京モーターサイクルショーがついに開幕!

今年もモーターサイクルショーの季節がやってきました。先週の大阪に引き続き、今週末は東京の人とバイク乗りにはお楽しみ満載のウィークですね。

私も一足先に東京の会場となるビッグサイトを覗いてきました。そこでの感想をひと口で表すとゴージャス。ブースの規模もステージの仕掛けも例年以上に大がかりなものが目立ちます。ここにきてバイク業界も徐々に活気を取り戻しつつあり、盛り上がりを見せているのではないでしょうか。

160325_03

脇役的だったジャンルが元気な今年のニューモデル

各メーカーから魅力的なニューモデルが目白押しですが、今年のトレンドをキーワードにすると「アドベンチャー」「ネオレトロ」「スモール」に集約されるでしょう。昨年はRC213V-SやニンジャH2、新型YZF-R1などのウルトラスポーツが主役でしたが、今年は一転して反主流というか今まで脇役的だったジャンルが元気です。

最新技術の博覧会のような「アドベンチャー」分野

「アドベンチャー」分野では王者BMWのGSシリーズの牙城を崩すべく、ドゥカティが19インチホイール化と本格的足回り、進化した電子制御で挑む「ムルティストラーダ・エンデューロ」を投入すれば、トライアンフからは138psの3気筒パワーとセミアクティブサスで戦闘力を増した新型「タイガーエクスプローラー」がデビュー。

MULTISTRADA1200 ENDURO
▲MULTISTRADA1200 ENDURO
Tiger Explorer XR
▲Tiger Explorer XR

一方、ホンダからは「どこへでもどこまでも行ける」をコンセプトに開発された新型「CRF1000Lアフリカツイン」がリリースされ、本気でオフロード遊びを楽しめる新たなアドベンチャー像を打ち出しました。

20160325_af01▲CRF1000Lアフリカツイン

本気といえばダカールラリー15連覇のKTMも黙ってはいません。最新技術の博覧会のような群雄割拠のこのジャンルの将来を占う意味でも、今回のショーには注目したいところです。

ボンネビル、スクランブラー、XSR900、CBコンセプト。盛り上がる「ネオレトロ」分野

「ネオレトロ」分野では今春から国内発売が開始されたトライアンフの新型「ボンネビル」シリーズを筆頭に、久々の400ccモデルをラインナップに加えたドゥカティの「スクランブラー」シリーズ、国内でもまさにネオレトロをコンセプトに掲げ、デザインだけでなく素材の質感にもこだわった3気筒モデル「XSR900」などが楽しみです。そういえば、ホンダも空冷CBのコンセプトモデルを世界初公開していますね。

Bonneville T120
▲Bonneville T120
Scrambler Sixty2
▲Scrambler Sixty2
XSR900
▲XSR900
Concept CB
▲Concept CB
※世界初公開されるのは「Concept CB Type II」です。

新たなファン層獲得の可能性。本格的なデザインとクオリティを持った「スモール」分野

「スモール」分野と呼べるほどの明確なカテゴリーはまだないですが、今回注目したいのはやはりBMW初の小排気量モデルとして投入される「G310R」てしょう。そして、前述のスクランブラーSixty2も国内では普通二輪免許で乗れるドゥカティとして若者層を中心に人気を集めています。

G310R▲G310R

これらの特徴は、排気量を落としたチープな普及版ではなく、本格的なデザインとクオリティを持った専用モデルということです。その意味でも、新たなファン層を獲得していく可能性を持ったジャンルと言えそうです。

こうした最新のモーターサイクルの姿を一覧できるモーターショー会場に足を運んでいただき、ぜひ実車を見て触れてみてください!

Webikeニュース編集長 / ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. Hondaウエルカムプラザ青山は、11月3日(土・祝)・4日(日)に開催された『カフェカブミ…
  2. 【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】 大変お待たせ致しました!…
  3. ▲Scrambler1200 Quartz着信時表示 トライアンフは、2019年モデルに新世代…
  4. 日本製・スチール製のリアキャリアをプレゼント キムコジャパンは、期間中、Racing S …
ページ上部へ戻る