圧倒的な防塵/防水/防振対策性能を持つバイク向けドライブレコーダー「SmartRecoMOTO」が発表 東京モーターサイクルショーで参考出展

160323_17

輸入車・自動車関連用品販売を行うホワイトハウスの子会社であるTCL(ティーシーエル)は、バイク向けドライブレコーダー「SmartRecoMOTO(スマートレコ モト)」を開発し、東京モーターサイクルショー2016(会期:3月25日~3月27日)のIndian/Victoryブースで参考出展する。

「SmartRecoMOTO」は、自動車用ドライブレコーダーとして5年の経験と累計販売台数6万台(2016年2月時点)の実績があるスマートレコシリーズのノウハウを生かし、バイク向けに開発されたドライブレコーダー。圧倒的な防塵/防水/防振対策性能を持ち、Gセンサー・GPSを搭載。過酷な環境でも活躍できるドライブレコーダーだ。

SmartRecoMOTO

160323_16

160323_18160323_19

160323_21

SmartRecoMOTO サンプル動画

昼・市街地

夜・市街地

昼・高速道路

以下プレスリリースより

主な特長

1. バイク向けに本体を設計。防塵・防水・防振対策を行っています。
2. 防塵・防水はIP67規格に対応。
3. 防振はJIS-D1601 4種A規格に対応。
4. Full HD(1,920×1,080)、HD(1,280×720)で録画します。
5. 有機EL液晶と動作LED搭載。動作状況が一目で判ります。
6. Gセンサー内蔵。衝撃を感知した瞬間を衝撃録画として記録します。
7. GPS内蔵。時刻の自動補正と走行ルートを記録します。
8. 録画時のLED信号機消灯現象を防ぐ設計です。
9. 本体右側に大型ボタンを設置し、操作しやすい設計です。

発売時期

2016年夏

価格

未定

主な仕様

■録画チャンネル数:1チャンネル
■液晶:1インチ(128×64ドット 単色有機EL)
■解像度:Full HD、HD(1,920×1,080、1,280×720)
■フレーム:60fps、30fps(LED信号対策有り)
■画角:対角150°
■録画方式:常時・イベント(常時録画:1分単位)
■Gセンサー:内蔵
■GPS:内蔵
■マイク:内蔵
■警告音:ブザー
■状態表示 LED:1個(2パターン)
■固定ホール:底面、左側面(1/4インチネジ(デジカメ用三脚と同規格))
■入力電圧:5V
■電源入力ポート :Micro USB
■保存媒体:MicroSDカード
■映像出力ポート :Micro HDMI
■ボタン:2個(電源ボタン、機能ボタン)
■防塵、防水基準 :IP67(防塵6等級:ほこりの流入完全防止。防水7等級:水深1mで30分露出可能)
■振動基準:JIS-D1601 4種A
■サイズ(mm):45×47.5×90(H×W×D)

※開発中のため、仕様等は変更になる場合がございます。

情報提供元 [ ホワイトハウス ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大の国際オートバイ・スクーター専門見本市であるモーターサイクルショー『EICMA』、通…
  2. 箱根ターンパイクは、年始恒例の「初日の出」に合わせた「特別イベント」を2018年元旦に開催す…
  3. 世界最大の国際オートバイ・スクーター専門見本市であるモーターサイクルショー『EICMA』、通…
ページ上部へ戻る