【新車】スターズトレーディング、「SUZUKI DR-Z250」の輸入取扱を発表 DRシリーズ10年ぶりの国内販売へ

160323_07

逆輸入オフロードオートバイク、モタードバイク、インポートパーツのスターズトレーディングは、「SUZUKI DR-Z250 2016モデル」の輸入取扱いを発表した。

往年の名エンジンを搭載した250フルサイズオフが手に入る!

DR250、ジェベル系はSUZUKIオフロード250の国内販売ラインナップから無くなっており、ファン待望の約10年ぶりの国内復活となる。
海外では北米・オーストラリアを中心に、DR-Z250としてのラインナップが続いており、ファンライドに特化した車両として生産がされていた。

セル・キック併用の空油冷エンジンにポリタンク仕様

空油冷4ストローク、DOHC 4バルブエンジンにメッキシリンダーを採用。オートデコンプ装備し、セルスターターとキックスターターを併用しているのが特徴。
トルクフルなエンジン特性を体感でき、街乗りもしやすい6速トランスミッションだ。今回の導入車両は公道走行が可能な仕様となる。

160323_08

タンク容量は10.5Lで、ポリタンク仕様と軽量なタンクを採用。装備重量で131kg、乾燥では120kgを切る重量となり、シート高は890mmとなっている。

なお、初回入荷は4台で価格は698,000円(税込)。

問い合わせはWebikeバイク選びから問い合わせも可能。

ウェビック バイク選び:スターズトレーディング スズキ DR-Z250 車両情報ページ

スターズトレーディングのブログでは、ラリーレイドカスタムの提案としてイラストも公開している。同社はカスタマイズも得意としており、各種カスタムに関しても相談が可能。
20160323_dr

DR-Z250 – Gallery

160323_12

160323_08
▲エンジンはDR系の空油冷DOHCの6速で信頼性の高いメッキシリンダーを採用。
160323_09
▲フロントは正立のコンプレッション12段階 リバウンド17段階のアジャスタブル。
160323_10
▲リアはフルアジャスタブルの別体タンク仕様と、豪華な装備を誇る。
160323_11
▲オイルクーラーも備えており、コアガードを果たすフレームも配置されている。

→全文を読む

情報提供元 [ Stars Trading ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る