[KTM]AMA Rd.11 KTMファクトリーライダーが 2位と3位でフィニッシュ

160322_166

『2016スーパークロス/第11戦デトロイト』。Red Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#25/Marvin Musquin(マーヴィン=ムスキャン)は2位、#1/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は3位でレースを終えました。ダンジーはトップでフィニッシュしましたが、レース後フラッグ無視のペナルティを受け2ポジションダウンの3位という結果になりました。

ダンジーはヒートレースで好スタートを切りレースをリード。そのまま1位でチェッカーを受け決勝に進みます。一方ムスキャンはヒートレースで激しくクラッシュ。そこでレースを終えセミファイナルで決勝を目指します。そのセミファイナルで勝利したムスキャンは決勝に駒を進めました。

迎えた決勝。2人のファクトリーライダーはともに好スタート。僅かに前に出たダンジーがホールショットを獲得します。しかしすぐにムスキャンがダンジーをかわしトップに立つと、2周目のフープスセクションでダンジーがトップを奪還。激しいトップ争いを展開します。その争いはレース終盤まで続きますが、ラスト2周でムスキャンがミスを冒し3位にポジションダウン。ダンジーはそのままトップをキープしゴール。ムスキャンは3位でフィニッシュしました。しかしレース後、ダンジーはレッドクロスフラッグを無視したとして2ポジションダウンの裁定が下りました。その結果、ムスキャン2位、ダンジー3位という結果となりました。

ムスキャンのコメント:
「今日はフープスでのリズムが良くなかったが、それ以外は良いフィーリングが得られていた。レース終盤でのミスには失望した。毎戦表彰台に立てることは、シーズンを考慮すれば非常に良いことだ」

チーム監督/ロジャー=デコスタのコメント:
「我々はペナルティを受け、その結果ダンジーは2つポジションを落とした。しかしペナルティの要因となったレッドクロスフラッグはダンジーの走行ラインと彼の視界の外にあった。今後のためにも、フラッグやフラッグを振るオフィシャルはより視認性の高さを確保する方法を検討しなければならない。この様なかたちでダンジーがペナルティを受けたことは非常に残念だ」

次戦/第12戦は4月2日(土)カリフォルニア州サンタクララで開催されます。

■450SXクラス 決勝結果:
1, Jason Anderson
2, Marvin Musquin – KTM
3, Ryan Dungey – KTM

◎450SXクラス ポイントスタンディング
1, Dungey(KTM), 253 points
2, Roczen, 214
3, Anderson, 200
5, Musquin(KTM), 178

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る