[KTM]MotoGP Moto3 Rd.1 KTMのファクトリーライダー ビンダーが2位表彰台を獲得

160322_165

カタールの首都/ドーハにあるロザイル・レーシング・サーキットで『2016MotoGP/第1戦カタール』が開催されました。 小排気量クラス/Moto3を戦うKTMのファクトリーチーム/Red Bull KTM Ajoからは#41Brad Binder(ブラッド=ビンダー)と、昨年Red Bull Rookies Cupでシリーズタイトルを獲得した#64Bo Bendsneyder(ボー=ビンドシーダー)が参戦。その決勝ではビンダーが2位、ビンドシーダーが14位でレースを終えました。

今シーズン、KTMファクトリーチームのエースライダーとなったビンダー。開幕戦に突入すると終始安定した速さを見せていました。そして予選では3番手のタイムをマーク。フロントローを獲得しました。しかしフリー走行で進路妨害のペナルティを受け3ポジションダウンのセカンドローから決勝を迎えました。

迎えた決勝。ビンダーは好スタート、オープニングラップを3位で通過します。トップ争いはビンダーと、KTMを駆りポールポジションを獲得したSKY Racing Team VR46の#5Romano Fenati(ロマーノ=フェナティ)を含む6台。スリップストリームを駆使しながら、周回毎に順位を入れ替える激しいバトルが展開されました。ラストラップ、最終コーナーの進入で勝負をかけたフェナティは起ち上がりで膨らみ失速。ビンダーはトップと僅か1000分の7秒差の2位でチェッカーを受けました。

またフェナティのチームメイトでMoto3ルーキーの#8NicoloBulega(ニコロ=ブレガ)が6位でフィニッシュしました。

ビンダーのコメント:

「接近戦になることは最初から分かっていた。だから最後のストレートでリードしようと考えていた。充分にリードを築いていたと思っていたがほんのわずかな差で勝つことができなかった。シーズンは始まったばかり。今シーズンは安定した走りを心がけたい」

次戦/第2戦は4月10日(日)アメリカで開催されます。

■Moto3クラス 決勝結果:
1, Niccolo Antonelli
2, Brad Binder – KTM
3, Francesco Bagnaia
4, Romano Fenati – KTM
Other KTM
6, Nicolo Bulega
9, Philipp Oettl
12, Joan Mir
13, Fabio Quartararo
14, Bo Bendsneyder
16, Maria Herrera
17, Andrea Migno
19, Gabriel Rodrigo
21, Andrea Locatelli
25, Juanfran Guevara

◎ Moto3クラス ポイントスタンディング
1, Antonelli, 214 points
2, Binder (KTM), 253
3, Bagnaia, 214
4, Fenati (KTM), 253

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る