[MFJ]モーターサイクルシーンを盛り上げる女性ライダー

160322_156

「女性のモーターサイクルスポーツ」記者懇談会

3月17日(木)都内で「女性のモーターサイクルスポーツ」記者懇談会を開催。ロードレースからは、全日本ロードレース選手権J-GP3クラスで活躍中の岡崎静夏、トライアルからは今シーズンより発足した全日本トライアル選手権レディースクラスの選手会長も務める小玉絵里加、モトクロスからは、昨年全日本モトクロス選手権レディースクラスチャンピオンを獲得した安原さや、そして国際モーターサイクリズム連盟(FIM)女性委員会に参画しているモリワキエンジニアリング取締役・森脇緑さんが出席。それぞれの立場からレースを盛り上げようと活動していることを発表してくれた。

160322_157

全日本J-GP3クラスで5年目のシーズンを迎える岡崎は「年々、順位は上がってきていますが、自分の目標としている表彰台、そして優勝には到達していません。まだまだ自分に足りないこと、努力しなければならないことがあると思います。周りの方にも、すごく助けていただいていますし、レースを戦う中で成長させてもらっています。今は、走るのが一番楽しいですし、夢にまで見るくらいレース中心の生活になっています」と心身共に充実したシーズンを迎えられそうだとコメント。

160322_158

11年目にして悲願のタイトルを獲得した安原は「心境の変化があり、好きなモトクロスをバイクを楽しもうと思ったことがタイトル獲得につながりました。レーディスモトクロスのメンバーは普段は仲がいいですが、レースになれば、いいライバルとして切磋琢磨しています」と向上心を忘れずにレベルアップしてきている。また、結果を出すまで控えていた大学受験をし、この春から大学生になると言う。

160322_159

すでに開幕戦を終えたトライアルの小玉は「4位という結果は悔しいですね。ただ、2度のトライアル・デ・ナシオンの参戦で世界との差を感じ、レディースクラスをスタートできたことは、うれしいですし、もっと競技人口を増やしていきたいです」と抱負を語った。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
  2. 【PR】 ビッグバイクも自転車感覚 使い勝手と信頼性に納得! 【ビッグマシン・ゼ…
  3. 【PR】 高級感は圧倒的、走りもスポーティに進化する 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  4. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
ページ上部へ戻る