[YAMAHA]AMA Rd.11 450SXはリードが4位、250SXはプレシンジャーが2位!

160322_152

■開催日:2016年3月19日(土)
■開催地:ミシガン州デトロイト
■会場:フォード・フィールド
■観客数:46,259人

2016年AMAスーパークロス第11戦がミシガン州デトロイトで開催された。舞台となるフォード・フィールドのサーキットは、走路の一部がスタンド席の中を通るという特徴的なレイアウトで作られている。今大会も46,259人ものファンが詰めかけた。

メインイベントを前に、イブニングプログラムとして行われるのが2つのヒートで、20選手が6周に渡って争う。Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racingからエントリーのチャド・リードは、ヒート1に参加。5位となったため、セミレースにまわることになった。そしてセミ2で2位に入ったリードはメインイベント出場を決めた。

Autotrader/Monster/Yamaha/JGR teamのウエストン・パイクはヒート2で5位となったため、セミ2に参加。これを制したパイクはメインイベント進出を決める。一方、パイクのチームメイト、フィリップ・二コレッティもヒート2に参加して11位となり、セミ2に出走。ここで二コレッティはパイク、リードに続く3位に入り、メインイベントへの出場権を得た。

そして迎えたメインイベント。C・リードはまずまずの出だしでオープニングラップを5位で終える。着実な走行でポジションをキープするリードはレース後半の15周目、すぐ前を走行していたJ・ブレイトン(KTM)がトラブルで脱落すると、4位に浮上。以後順位の変動はなく、そのままチェッカーフラッグを受けた。

W・パイクは1周目を終えて11位で戻って来る。レース前半を9~10位につけて走行するパイクだったが、後半に入るとT・カナード(ホンダ)、M・アレッシ(ホンダ)、K・ロクスン(スズキ)らと争いながら徐々に順位を上げ、今季これまでで最上位の7位でフィニッシュした。

アクシデントによる負傷が続いていたP・二コレッティはスタート良く飛び出し、1周目をトップ10圏内の8位で終える。その後やや順位を落とすが、レースを通してコンスタントに走行。しかし、膝の負傷が完全には癒えていない二コレッティは11位につけて走行していたレース終盤、ゴールまで残り2周となったところで転倒。結局、14位でフィニッシュした。

2016年AMAスーパークロス・シリーズ第12戦は4月2日土曜日、西地区に戻り、カリフォルニア州サンタクララのリーバイス・スタジアムで開催される。

160322_153

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る